[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

元五輪ランナーからの直筆メッセージ 宮古の子供たちが遠隔指導から学んだこと

生徒全員が1年間で成長、タイム短縮は大きな自信に

「片足バランス」でカギとなるのは、膝と足首を軽く曲げ、土踏まずに力を入れること。「ケンケン」では、自分の体の真下に足を着くことが基本となる。伊藤氏からは「浮かした足で反動をつけないで、着いた足でしっかりジャンプしてましょう」というアドバイスも飛んだ。そして、子供たちにとって一番難しかったのは「もも上げからのダッシュ」のようだった。

「皆さん、自分が思っているよりも体が後ろに反ってますよ。膝を90度、足首も90度にして、足を高く上げてみてください」

 伊藤氏の声に耳を傾け、実演を見守る子供たちの顔は真剣そのもの。もも上げからのダッシュを応用させたスタートダッシュの練習では、「前足の付け根を開くように構えてみよう」と伊藤氏がアドバイスし、実際に走り始める前に一人ひとりの姿勢をチェックした。姿勢を補正された後、よりスムーズなスタートが切れたようで、自分でも驚いた表情を浮かべる子供もいた。

 約1時間のクリニックが終わると、いよいよ50メートル走のタイム測定だ。1年間の集大成を発表する場とあって、子供たちはやや緊張した面持ちだったが、「位置について、用意、ドン」の声が掛かると無我夢中で駆け抜けた。その結果、6人それぞれの1年間の成長が、タイム短縮という形で現れた。

 昨年の4月から最も大きくタイムを縮めたのは阿部陽友君(6年)で、4月に測定した8秒48から7秒68に進歩した。清水美弥子さん(5年)は0秒58、安倍俐玖斗君(6年)は0秒57、安原掬乃さん(5年)は0秒56も短縮。小野寺彩仁君(6年)、関口健太君(4年)も4月を上回るタイムを記録した。強風というコンディションが悪い中でも成果を示せたことは、子供たちにとって大きな自信となったようだ。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集