[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

孫楊の人柄、疑惑、騒動の裏側… 中国人記者の主張「絶対クリーンだと信じています」

中国国内の反応は「ほとんど全員が孫楊選手を支持しています」

■ドーピング疑惑について

 誰の立場でもなく、私個人の意見です。私は孫楊選手の言葉を代弁することはできません。それを前提として、もちろん彼が絶対にクリーンであると信じています。世界大会では、必ずドーピング検査がある。違反したことはないです。10年も続けてトップで活躍していきたので、ドーピングに関して凄く関係機構、組織から注視されてきた。FINAの結論が、51ページにこの事件についての調査報告書がちゃんとあります。FINAが今年1月に出したものです。結論として孫楊選手は無実だとちゃんと書かれているのに、なぜ世界のメディアはそれを見逃しているのでしょうか。

 9月にWADAの事情聴取(審理)があります。でも、それ(事情聴取の実施)はWADAのルールに沿うと機密事項です。なぜ機密かといえば、スポーツ選手を保護するための機密です。(事情聴取の実施を)意図的に漏らした人の方が、責任があるのではないでしょうか。私たち、中国のジャーナリストとしても、無言を貫いてきた。それがルールだからです。なんの根拠もないはずなのに、外国のスポーツ選手は無実の噂を根拠に孫楊選手のクリーンさを疑う。それがむしろルール違反じゃないかと思います。私個人としては抗議したい。

■今大会の騒動について

 確かに私も表彰台のこと(孫楊が3位選手を威圧する素振り)はよくないと思います。もちろん、中国という国はいろいろあります。でも、孫楊選手が国を代表して、世界中から先入観を持たれて批判される存在になることは不公平だと私は思います。国は国、孫楊は孫楊。実は表彰台に乗る前にイギリス人選手が、隣の同じく3位タイのロシア選手に上らないようにアドバイスした。ロシア選手には拒否されたけど、アドバイスした。それがちょうど孫楊選手の耳にも入ったんです。それで怒ったんです。我慢に我慢を重ねていたから。全然、暴力的な人じゃない。優しい。これはチームの人に聞いた話です。

 個人の意見として、最初の日、ホートンが拒絶したこと。これはルール違反です。この大会に出場している世界中のアスリートがFINAのルールを守るという前提で出場しています。大会に出場していること自体がFINAのルールを守ります、そのことを認めます、ということとイコール。だから出場しているのに、表彰台拒否は二重標準(ダブルスタンダード)じゃないかと思います。

 今大会の騒動について(中国メディアに本人の)コメントはなしです。それはルールがあるからです。WADAのルールでは、事情聴取が開かれる前にこの情報が洩れること自体をルール違反としている。中国水泳協会も、孫楊選手自身も、我々ジャーナリストとしても、WADAとしても、世界中の誰であっても、それ(事実)が洩れることがルール違反です。(海外選手も)いろいろ言う人がいますが、もし、いちいち抗議してしまえば、悪循環になります。だから黙って、9月(の審理の結果)まで我慢しています。9月に全てを何でも物語ってくれる。だから、今の我慢に価値があると思います。

■中国国内の反応について

 ほとんど全員が孫楊選手を支持しています。(今大会もドーピング検査をしているが)もちろん、私は孫楊選手を信じています。私の国の選手だから信じているわけではありません。この選手、この人間をわかっていますから。一人のアスリートとして、一人の人間としてわかっているから信じています。ずっと見てきましたから。その周りの方も私は知っています。

(THE ANSWER編集部・浜田 洋平 / Yohei Hamada)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集