[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

初出場の大成は「まだまだ青い」 小さくて大きかった、全国の“1試合の経験差”

全国高校総体(インターハイ)のサッカー競技が26日に沖縄で開幕し、各地で1回戦が行われた。両チームともに勝てば全国初勝利というフレッシュな顔合わせとなった、南城市陸上競技場の第2試合は、2年ぶり2度目の出場となる名経大高蔵(愛知)が大会初出場を果たした大成(東京)を2-1で振り切り、2回戦進出を果たした。

白いユニフォームの大成高校は全国大会初勝利には届かず【写真:山田智子】
白いユニフォームの大成高校は全国大会初勝利には届かず【写真:山田智子】

男子サッカー1回戦で名経大高蔵が勝利、初出場の大成は後半AT弾も及ばず

 全国高校総体(インターハイ)のサッカー競技が26日に沖縄で開幕し、各地で1回戦が行われた。両チームともに勝てば全国初勝利というフレッシュな顔合わせとなった、南城市陸上競技場の第2試合は、2年ぶり2度目の出場となる名経大高蔵(愛知)が大会初出場を果たした大成(東京)を2-1で振り切り、2回戦進出を果たした。

「入りがあまりにも悪すぎた」と大成の豊島裕介監督が悔やんだように、序盤から司令塔の岩松虎徹を軸に、ドリブル、ショートパスを駆使して攻撃を組み立てる名経大高蔵に翻弄される。すると15分、CKの競り合いからPKを献上し、これをFW辻聖羽に決められて先制を許す。

 今大会は、熱中症対策のために、35分の前後半の半ばに3分間のクーリングブレイクが導入されている。実質的には、前後半の2分割ではなく、4分割されたクオーター制で試合を戦うことになり、昨年の大会でもクーリングブレイクから流れが変わる試合が多く見られた。

 大成はこのクーリングブレイクを戦術として取り入れ、試合に近い15分ごとに区切った練習を行ってきた。劣勢を強いられる中で迎えた前半のクーリングブレイクで、「もう一度自分たちのできることを精査し、一気にギアが上がった」(豊島監督)。FW平川優大、杉田健の2トップらが積極的にゴールを狙って再三チャンスをつくる。しかし、これを決め切ることができず、0-1で試合を折り返した。

 猛攻を無失点で凌ぎ切ったことで、後半は再び流れは名経大高蔵に傾く。6分、岩松のCKをMF小崎俊貴が頭で流し込んで追加点を挙げる。

1 2

山田 智子

愛知県名古屋市生まれ。公益財団法人日本サッカー協会に勤務し、2011 FIFA女子ワールドカップにも帯同。その後、フリーランスのスポーツライターに転身し、東海地方を中心に、サッカー、バスケットボール、フィギュアスケートなどを題材にしたインタビュー記事の執筆を行う。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集