[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

孫楊、表彰台拒否の“因縁”豪ホートンと再び激突へ 800mリレーで共に決勝進出

五輪を超える規模で2年に1度行われる水泳の“世界一決定戦”、世界水泳(韓国・光州)の競泳は、第6日(26日)に男子800メートルリレー予選が行われ、オーストラリアが全体4位、中国が全体5位で26日夜に行われる決勝進出を決めた。

中国の孫楊【写真:Getty Images】
中国の孫楊【写真:Getty Images】

オーストラリアが予選4位、中国が予選5位で26日夜の決勝進出

 五輪を超える規模で2年に1度行われる水泳の“世界一決定戦”、世界水泳(韓国・光州)の競泳は、第6日(26日)に男子800メートルリレー予選が行われ、オーストラリアが全体4位、中国が全体5位で26日夜に行われる決勝進出を決めた。オーストラリアのマック・ホートン、中国の孫楊はそれぞれメンバー入りしており、“因縁”の2人が再び決勝の舞台で相まみえることになりそうだ。

 因縁の両者が800メートルリレーの決勝でも激突する。ホートンは21日の男子400メートル自由形決勝で孫楊(中国)に続く2位。優勝した孫楊は昨年のドーピング検査妨害疑惑が報じされており、抗議の意思をもって表彰台に上がらなかったが、この問題は各国で報道されるなど、大問題に発展した。

 FINAはこの2人と、200メートル自由形決勝で銅メダルを獲得するも、同様に金メダルの孫楊への抗議の意味で写真撮影に拒否したダンカン・スコット(英国)も含めた3選手に対して警告を出していた。

 因縁が再び交錯する決勝は見逃せないものとなりそうだ。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集