[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

鬼門の自由形短距離で「日本の歴史を変えたい」― イケメンスイマー中村克の決意

五輪を超える規模で2年に1度行われる水泳の“世界一決定戦”、世界水泳(テレビ朝日系で独占中継)が12日に開幕した。なかでも、注目を集めるのは競泳だ。金メダルを獲得すれば、1年後の東京五輪出場が内定する今大会。

男子100メートル自由形に出場する中村克【写真:Getty Images】
男子100メートル自由形に出場する中村克【写真:Getty Images】

「世界水泳カウントダウン連載」競泳開幕まであと5日―男子100メートル自由形中村克

 五輪を超える規模で2年に1度行われる水泳の“世界一決定戦”、世界水泳(テレビ朝日系で独占中継)が12日に開幕した。なかでも、注目を集めるのは競泳だ。金メダルを獲得すれば、1年後の東京五輪出場が内定する今大会。「THE ANSWER」は競泳開幕の30日前からカウントダウン連載を行い、出場25選手のインタビューに加え、特別企画を織り交ぜながら大会を盛り上げる。開幕まであと5日の第26回は、男子100メートル自由形の中村克(イトマン東進)が登場。イケメンスイマーは「日本の自由形の歴史を変えたい」と意気込む。

 ◇ ◇ ◇

 端正な顔に強い決意が覗く。世界水泳への意気込みをしたためる色紙に「私は世界水泳で救世主になる!」と力強くペンを走らせた。

「今まで自由形の短距離はずっと弱い弱いと言われ続けてきた。僕がしっかり決勝で結果を残して、日本の自由形のイメージを変えて、日本の自由形の短距離を救いたいという思いです」

 2016年のリオ五輪で、日本人として初めて100メートル自由形で47秒台をマークした中村には、スプリンターとしてけん引してきたプライドがある。それだけに今季は納得できないレースが続いている。4月の日本選手権では5連覇を飾るも、派遣標準記録にはわずかに及ばなかった。50メートルでは日本新を出した塩浦慎理らに後れを取り、まさかの4位に終わった。

「直前のグアム合宿でもかなり順調に調整できていた。今までの中でも1番いい出来の練習ができていたんですけど、試合に向けての調整っていうところが上手くいかなかった。どちら(50、100メートル)の記録もかなり遅かったので、びっくりした部分がありました。特に50メートルはちょっと…、笑いが出てきちゃうくらいでした」

 それでも悲観することばかりではない。ライバル塩浦の泳ぎからは刺激も受けた。「すごい記録で泳いだことは、僕にもかなりいい影響与えてくれました」とうなずき、さらにこう続けた。

「日本の自由形の短距離はかなり盛り上がっているからこそ、より気を引き締めてやっていかなきゃいけない。日本記録を塗り替えられましたけど、やっぱりそれがあったからこそ、自分が今後もっと頑張っていきたいなって思えたので、良かったんじゃないかと思っています」

 日本の自由形短距離のレベルが着実に上がっていることを、ポジティブに受け止め、自身の糧ともしている。

1 2
インターハイ(インハイ.tv) | スポーツブル(スポブル)
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集