[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「楽しい」を追求した競技人生の先に… “元不登校”砂間敬太のワクワクが止まらない

五輪を超える規模で2年に1度行われる水泳の“世界一決定戦”、世界水泳(テレビ朝日系で独占中継)が7月12日に開幕する。なかでも、注目を集めるのは競泳だ。金メダルを獲得すれば、1年後の東京五輪出場が内定する今大会。「THE ANSWER」は競泳開幕の30日前からカウントダウン連載を行い、出場25選手のインタビューに加え、特別企画を織り交ぜながら大会を盛り上げる。開幕まであと10日の第21回は、男子200メートル背泳ぎの砂間敬太(イトマン東進)が登場。小学4年から中学卒業まで学校に行かなかった異色の24歳が、競技人生に共通する「楽しい」の原点を探る。

男子200メートル背泳ぎに出場する砂間敬太【写真:Getty Images】
男子200メートル背泳ぎに出場する砂間敬太【写真:Getty Images】

「世界水泳カウントダウン連載」競泳開幕まであと10日―男子200m背泳ぎ砂間敬太

 五輪を超える規模で2年に1度行われる水泳の“世界一決定戦”、世界水泳(テレビ朝日系で独占中継)が7月12日に開幕する。なかでも、注目を集めるのは競泳だ。金メダルを獲得すれば、1年後の東京五輪出場が内定する今大会。「THE ANSWER」は競泳開幕の30日前からカウントダウン連載を行い、出場25選手のインタビューに加え、特別企画を織り交ぜながら大会を盛り上げる。開幕まであと10日の第21回は、男子200メートル背泳ぎの砂間敬太(イトマン東進)が登場。小学4年から中学卒業まで学校に行かなかった異色の24歳が、競技人生に共通する「楽しい」の原点を探る。

 ◇ ◇ ◇

 世界の猛者との真剣勝負を思い描くと、ワクワクが止まらない。昨年のパンパシ水泳に続き、砂間は日の丸ジャージーに袖を通した。今夏もトビウオジャパン入りを果たし、声を弾ませる。

「世界と戦う一番大きな舞台。(パンパシは)すごく楽しかったですし、やっぱりそこにいたいなっていうのもありますし、いなきゃいけない。初めての世界選手権で気が引き締まるというか、ちょっとテンションが上がってます。シニア代表は人生2回目なので」

 4月の日本選手権は、憧れの入江陵介(イトマン東進)と対決。序盤から前に出た砂間は、最初の50メートルを27秒15とし、入江に0秒37リード。150メートルの折り返しでも先輩に0秒49と差を広げた。優勝まで残り20メートル。しかし、スパートをかけた入江に逆転を許した。最終的には優勝した入江に0秒27及ばず、1分56秒06で2位となった。

「素直に悔しいのが大きい。個人メドレーも棄権して、100メートル背泳ぎも棄権して臨んだ200メートル背泳ぎだった。やっぱり優勝したいというのが僕の中で一番の課題というか、日本選手権では絶対優勝しようと思って練習してきたので、それが実現できなかったのが悔しいかなと思います」

 これまで主戦場の個人メドレーで萩野公介(ブリヂストン)、瀬戸大也(ANA)の背中を追ってきた。初の世界水泳切符を手に入れたものの、満足にはほど遠い。背泳ぎを牽引してきた入江との実力差を改めて痛感するレースとなった。

「昔からすごく速くて、ずっと見てきた選手。今でも憧れていますし、やっと最近少しずつ追いついてきた。今回は一番練習もしてきたし、手応えもあったので、やっと勝てるかなと思ったんですけど、やっぱりまだまだすごい存在だなって。やっぱり勝負強いというか、経験値の違いだなって思いました。(追う立場は)すごく楽しいです。追いかけることが好きだなって思います」

 挑戦者のメンタルの持ち主は、レースで勝負を仕掛けることを忘れない。日本選手権は150メートルまでトップを守ったが「やっぱり世界を見ているので、世界は54秒台で入って1分24秒台でターンしている。日本人選手はラスト50メートルで上げるという安牌なレースが多い。それでは世界で戦えないなと思ったので、ちょっと積極的に泳ぎました」と分析する。

 終盤の失速は高い目標を超えるために挑戦した結果。追う立場のまま、簡単には勝利を得られない。悔しさの残る成績に「まだまだ練習不足」と頭を悩ますが、新たな課題に喜びすら感じるようだった。

「やっぱり世界の選手と戦えるっていうのがすごく楽しい。日本ではやっと2番に上がって来られたんですけど、世界ではまだ5、6番。世界水泳になると、決勝に残れるかも分からない順位なので、まだまだ上に行けるぞっていうのがわかるので楽しいですね」

 いつだって明るく、楽しく――。そんな童心を宿す24歳には、意外な過去がある。小学4年の途中から学校に行かなくなった。「いじめられたとかはなく、ただ普通に行きたくなかった」と理由を振り返る。ふとした時に学校に足を運ぶ。当然、周囲からは「昨日、なんで休んだの?」と質問が飛んだ。

「たぶんそれが嫌だったんだと思います。っていうだけなんですよね。次、1週間休んでしまったので『次、何て言われるんだろう』みたいな。それで行けない。1か月休んで、行けないみたいな。そういうのを繰り返すというよりも、ずっと続いちゃったという感じですね」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プロ野球開幕、徹底ライブ中継に見逃し配信も
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集