[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

錦織もガックリ フェデラーの“超鋭角バックハンド”に海外絶賛の嵐「尋常じゃない」

テニスの4大大会ウィンブルドンは10日、男子シングルス準々決勝で世界ランク7位・錦織圭(日清食品)は同3位ロジャー・フェデラー(スイス)に6-4、1-6、4-6、4-6で逆転負け。一方、勝ったフェデラーは芝の王者らしい戦いぶりで4強進出を決めたが、なかでも沸かせたのは、第4セットの“超鋭角バックハンド”だ。不利な展開から完璧な一撃を披露。思わず錦織も膝に手を突いてガックリと来た実際のシーンを大会が絶賛し、動画付きで公開。海外ファンも「尋常じゃない」「凄まじい技術」と驚いている。

ロジャー・フェデラー【写真:Getty Images】
ロジャー・フェデラー【写真:Getty Images】

錦織も落胆隠せず、第4セットの超美技に大会公式絶賛「最も素晴らしいバックハンド」

 テニスの4大大会ウィンブルドンは10日、男子シングルス準々決勝で世界ランク7位・錦織圭(日清食品)は同3位ロジャー・フェデラー(スイス)に6-4、1-6、4-6、4-6で逆転負け。一方、勝ったフェデラーは芝の王者らしい戦いぶりで4強進出を決めたが、なかでも沸かせたのは、第4セットの“超鋭角バックハンド”だ。不利な展開から完璧な一撃を披露。思わず錦織も膝に手を突いてガックリと来た実際のシーンを大会が絶賛し、動画付きで公開。海外ファンも「尋常じゃない」「凄まじい技術」と驚いている。

【特集】オリンピックに繋がる大会に おりひめジャパンが目指す世界選手権とその先 / 女子ハンドボール日本代表インタビュー(GROWINGへ)

 これぞ、芝の王者。これぞ、フェデラーだ。第4セット2-2で迎えた錦織のサービスゲーム。フェデラーのリターンを中央で受けた錦織はフェデラーのフォアサイドを厳しく突き、オープンコートを作った。定石通りにバックサイドに返し、ネット際に出る。完璧に錦織の展開だったが、フェデラーがそれを上回った。次の瞬間だ。

 37歳とは思えない猛烈なスプリントで追いつくと、右手一本でバックハンドを炸裂。鋭角に放たれたクロスはコートの対角線から対角線へ、錦織の脇を抜くように突き刺してみせたのだ。不利な状況を一瞬にして覆したスーパーショット。打球の行方を見守った錦織は一瞬、膝に手を突いてうつむき、ガックリとした様子を隠せなかった。それほどのインパクトだった。

 完璧な錦織の展開のさらに上を行く、この日のフェデラーの凄さが凝縮されたような一撃。センターコートを沸かせたシーンを大会公式インスタグラムは「ロジャー・フェデラーの最も素晴らしいバックハンドの一つ」とつづり、実際のシーンを動画付きで公開。目の当たりにした海外ファンから驚きの声が漏れている。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集