[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

急成長の背景には平井コーチの褒め言葉 リレー白井璃緒「引っ張っていく存在で」

「今が一番楽しいです」と語る白井璃緒【写真:テレビ朝日】
「今が一番楽しいです」と語る白井璃緒【写真:テレビ朝日】

名将の人心掌握術で急成長、平井コーチ「褒めるとすごくうれしい顔をする」

 水泳歴18年目にして「今が一番楽しいです」と言い切る白井だが、その理由を問われると少しはにかんだ笑顔を浮かべて言った。

「え?。(平井)先生が褒めてくれるから? 速いタイムで泳ぐと先生はちゃんと褒めてくれるので、次も褒められるように頑張ろうと。見てもらいたい体質なんで、目立ちたいです(笑)」

 大学でも代表チームでも師事する平井コーチは「家族のお父さんとは違うんですけど、水泳で戦っていくための頼れるお父さんのような人」だという。褒めてくれる存在ではあるが、「やっぱり厳しい」。並大抵の泳ぎでは褒めてはくれない。「どうしたら次も褒めてもらえるんだろう」「どんなタイムを出したら褒めてくれるんだろう」と考え、工夫を重ねながら臨んだ練習が結果に繋がっている。

 平井コーチもまた、白井の成長に驚かされている一人だ。日本選手権に向けた準備期間では、会期中のウォーミングアップやレースを想定した練習を取り入れたというが、本番は想定通りの展開で2冠。「トレーニングも相当頑張るんですけど、メンタル面で手が掛からなくなった。どのレースも自信を持って臨めたのはコーチとしてすごくうれしいし、よく成長してくれているなと感じています。見ていて楽しそうだなとも思いました」と目を細める。

 実は、大学進学を目前に控えた昨年2月、こんなことがあったという。コナミオープンで200メートル背泳ぎに出場した白井は、予選でまさかの25位。当時は「泳ぐのが怖い」とまで落ち込んだというが、今では今年の日本選手権を「自信があったんで緊張はしてないです。なんで周りは緊張しているんだろうって思いました」と振り返るほど。平井監督も「アレはどこへ言っちゃったのかな?(笑)」と首を傾げるしかない。

 褒められて伸びるタイプという白井の自己分析に、「それはあります」と平井監督。「褒めるとすごくうれしい顔をするので(笑)。お世辞を言っているわけじゃないんですよ。『お前タフだな』って言うと『そうですか?』って喜ぶんでね」。人心掌握術に長けた名将の下、そのポテンシャルを余すところなく開花させようとしている。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集