[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「ただでは起き上がらない」 2度の入院生活から復活、進化した塩浦慎理の泳ぎ

病気を乗り越え、さらに進化した塩浦慎理が戻ってきた。4度目となる今回の世界水泳では、中村克、松元克央らと男子400メートルリレーに出場。昨年のパンパシ水泳で叩き出した日本記録の更新、そして開催まであと1年と迫った東京五輪への切符を狙う。

カウントダウン連載第4回は塩浦慎理が登場【写真:テレビ朝日】
カウントダウン連載第4回は塩浦慎理が登場【写真:テレビ朝日】

「世界水泳カウントダウン連載」競泳開幕まであと27日―男子400mリレー塩浦慎理

 五輪を超える規模で2年に1度行われる水泳の“世界一決定戦”、世界水泳(テレビ朝日系で独占中継)が7月12日に開幕する。なかでも、注目を集めるのは競泳だ。金メダルを獲得すれば、1年後の東京五輪出場が内定する今大会。「THE ANSWER」は競泳開幕の30日前からカウントダウン連載を行い、出場25選手のインタビューに加え、特別企画を織り交ぜながら大会を盛り上げる。開幕まであと27日の第4回は、男子400メートルリレーの塩浦慎理(イトマン東進)が登場。昨年見舞われたアクシデントを乗り越え、得たものとは――。

 ◇ ◇ ◇

 病気を乗り越え、さらに進化した塩浦慎理が戻ってきた。4度目となる今回の世界水泳では、中村克、松元克央らと男子400メートルリレーに出場。昨年のパンパシ水泳で叩き出した日本記録の更新、そして開催まであと1年と迫った東京五輪への切符を狙う。

 2018年8月。アジア競技大会に出場した塩浦は、100メートル自由形で見事金メダルを獲得した。だが、その直後、アジア短距離王者を待っていたのは、2度の入院生活だった。9月初旬に扁桃周囲膿瘍で入院すると、一度は退院したものの再発。さらに咽頭浮腫も併発し、喉の手術を受けた。再びプールに戻ったのは、アジア競技大会から2か月以上も経った11月だった。

「そんなに長い期間、泳がなかったことが現役をやっている間にはなかったので、新鮮ではありました」

 今となっては笑顔で振り返るが、「すごく不安な気持ちで冬を過ごした」と正直な気持ちも明かす。喉の手術だっただけに入院中はお粥しか食べられず、92キロあった体重は86キロまで落ちた。ただ、こんな苦境も「ただでは起き上がらない」のが塩浦流。病院のベッドでは「どうしたら東京オリンピックまでに、海外の選手と互角に戦って勝っていけるか」、未来について思いを巡らせた。

「海外の選手とトレーニングをさせてもらうことが多くて、パワーがあるとか背が高いとか、負けても仕方ないと思うところは多いんです。でも実際、彼らは下手したら日本人以上にトレーニングをしているし、何事もストイックに取り組んでいる。もともと(体格的に)負けた状態でいるんだから、彼ら以上に突き詰めた生活をしたり、競技に対してもっと本気にならないと勝ち目はない。一番最初にそう思いました」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集