[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

貧血、体重、生理、「女性アスリートの身体の問題」が解決しない理由 有森裕子の考え

生理も含め毎日つけた練習日誌、今の選手へ「ノートに書くこと」を提案

「練習日記」をつけることも、自分を知り、言葉で伝える力をつけることにつながる習慣の一つ、と有森さん。ただし、今の学生や選手にはあえて「アプリに頼らず、ノートに書くこと」を提案する。

「私は今一度、ノートの重要性について、声を大にして言いたいです。今の子って、何でもデータ化しようとするでしょう? でも、そんなのいらない。むしろアナログでやることで、得られる情報はたくさんあるんです。

 アプリは今風で記録もしやすくていいのだろうけれど、スマホの画面では一発で見られる情報に限りがあるし、いちいち(項目を)開かなければいけません。でも、ノートは日々、記録したことが簡単に見渡せる。体調を見比べたいときも一目瞭然です」

 有森さんは、高校時代はノートを半分に切った自作の練習日記を使い、実業団時代は会社から配られたノートを練習日誌にした。そして、生理の日は見開きの年間スケジュールに「ハートマーク」をつけて記録。そのページを開けば1年間の生理の記録を、一目で確認できるようにした。

「グラフや記録のつけ方、表現を自分なりに考えると、自己管理がすごくやりやすい。経血量が減っていくにしたがって、ハートの形がどんどん欠けていくように書き込んだりしていましたね。私、そういうことを考えるのも大好きだったから。

 それから、スマホって文字を『打ち込む』でしょう? 打った文字って、当たり前ですがいつどんなときに打っても、同じですよね。でも、書く文字は違う。機嫌や調子がいい日、悪い日で、文字の感じは変わるんです。

 ノートの行を完全に無視して殴り書きする日もあれば、キレイに書き込む日もある。で、文字の調子とタイムの記録、生理マークの付く日を見比べると、いろいろつながっていると気づくんです。こんなに面白いことはないですよ。

 すると、『あ、生理前だから今日は機嫌が悪いな』とか『明日はこんな気分になるかも』とか予想もできるようになる。自分にも周りに対しても、気持ちよく過ごせるようになりますよ」

1 2 3

長島 恭子

編集・ライター。サッカー専門誌を経てフリーランスに。インタビュー記事、健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌で編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(中野ジェームズ修一著)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、以上サンマーク出版)、『走りがグンと軽くなる 金哲彦のランニング・メソッド完全版』(金哲彦著、高橋書店)など。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集