[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

現役復帰した2児の母・馬淵優佳の悩み 女性アスリートの未来に思う「あったらいいな」

「THE ANSWER」は3月8日の「国際女性デー」に合わせ、女性アスリートの今とこれからを考える「THE ANSWER的 国際女性ウィーク」を今年も展開。「女性アスリートが自分らしく輝ける世界」をテーマに1日から8日までの1週間、8人のアスリートが登場し、8つの視点でスポーツ界の課題を掘り下げる。7日目は「女性アスリートと競技復帰」。2児を出産し、昨年12月に5年ぶりに現役復帰した水泳の飛込み・馬淵優佳が登場する。

「THE ANSWER的 国際女性ウィーク」の7日目は水泳の飛込み・馬淵優佳が登場【写真:松橋晶子】
「THE ANSWER的 国際女性ウィーク」の7日目は水泳の飛込み・馬淵優佳が登場【写真:松橋晶子】

「THE ANSWER的 国際女性ウィーク」7日目 テーマは「女性アスリートと競技復帰」

「THE ANSWER」は3月8日の「国際女性デー」に合わせ、女性アスリートの今とこれからを考える「THE ANSWER的 国際女性ウィーク」を今年も展開。「女性アスリートが自分らしく輝ける世界」をテーマに1日から8日までの1週間、8人のアスリートが登場し、8つの視点でスポーツ界の課題を掘り下げる。7日目は「女性アスリートと競技復帰」。2児を出産し、昨年12月に5年ぶりに現役復帰した水泳の飛込み・馬淵優佳が登場する。

 3歳から競技を始め、トップ選手として五輪を目指していたが、22歳だった大学卒業後の5月に競泳日本代表の瀬戸大也と結婚し、7月に引退。夫のサポートに尽くし、2人の子宝に恵まれたが、26歳にして現役復帰を決断した。後編では、復帰後に変化が生まれた子どもとの向き合い方を明かし、出産を経験した女性アスリートの「競技と子育て」の両立のため、求められる環境整備への想いを語った。(取材・文=長島 恭子)

 ◇ ◇ ◇

 大学卒業後、約20年間続けていた飛込み競技を引退。結婚、出産を経て、2021年9月、馬淵優佳は5年ぶりの競技復帰を決断する。

 そのきっかけになったのは、取材で出会ったトップアスリートたちの言葉だった。「自分の人生は自分で決める」。固定観念にとらわれず、目標にまい進する姿に、馬淵はもう一度、飛込みに挑戦したい、と考えるようになった。

「自分の意思で飛込みをやる。きっとこれが、私がやり残したことであり、ずっと求めていたことだって気づきました。

『好きこそ物の上手なれ』って言うじゃないですか。私は自分の子どもに対してはいつも好きなことをやってほしいと思っています。でも、自分はそうではなかった。私はずっと『やりたくない気持ち』で、飛込みをやっていたことに対し、強いコンプレックスを感じていたんですね。

 嫌々やっていた自分。やらされてばかりだった自分。でも今なら、そのコンプレックスなく競技ができると思ったんです」

 とはいえ、競技一本に集中できた大学時代とは、自分の置かれている状況はまるっきり異なる。「2人の子どもがいても、果たして競技選手を続けるのは可能なのか?」。まずはそのことを考えた。

「家族に自分の想いを伝え、相談すると、『やり残したことがあるならば、やった方がいい』と背中を押してくれました。それで気持ちが固まり、すぐに、行動に移しました」

1 2 3 4

長島 恭子

編集・ライター。サッカー専門誌を経てフリーランスに。インタビュー記事、健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌で編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(中野ジェームズ修一著)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、以上サンマーク出版)、『走りがグンと軽くなる 金哲彦のランニング・メソッド完全版』(金哲彦著、高橋書店)など。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集