[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「私もいつかまた会社で働きたい」 中野友加里が2児の母として考える育児とキャリア

踏切で電車に喜ぶ長男と中野さん(写真は一部加工)【写真:本人提供】
踏切で電車に喜ぶ長男と中野さん(写真は一部加工)【写真:本人提供】

「子供にフィギュアをやってほしい気持ちは?」に対する答えは…

――どんな支えがあったのでしょうか?

「いつ辞めるかという時期の見極めについてです。私は時々優柔不断になってしまうので。すごく好きな仕事で、長く続けてきた仕事。希望した会社で働かせてもらって辞めるのがもったいない、お世話になった方に申し訳なさもある。なので、足踏みしたんです。『でも、それならいつまで経ってもズルズルと引きずってしまうよ』と言われ、決断することができました」

――母になって5年が経ちますが、ご自身のお母さんだったり、周りの方だったり、中野さんの理想の母像はありますか?

「私が子供の頃は、母親が手を上げることもまだ珍しくない時代でした。なおかつ、私はスケートを習っていたので、スポーツをやっていると、余計にぶつかることが多かったです。今はもう手を上げることが許されない時代になっている。本当は菩薩のよう子供に対して温かい目で見守るのが理想ですが、現実問題はそうはいきません。

 幼稚園の先生のように上手な声がけができればいいなと思います。なので、理想としては幼稚園の先生。私は感情的な言葉になってしまうことがあるので、その分だけ褒めてあげてはいますが、もっと話し方や伝え方も学びたいと思っています。先生方は接し方が上手なので、(両親とは異なる)第三者の目として見られる良さもあると感じています」

――子育てをやっていて、喜びを感じる瞬間はどんな場面ですか?

「やっぱり笑っている時ですね。子供が笑わなくなったら家庭にとって良くないこと。家の中でも、いつもゲラゲラ笑っているので、そういう当たり前の日常がうれしいです。今、こんなご時世なので外にも出かけられず、子供も私自身もストレスがたまりがちですが、笑顔が見られ、健康で過ごせればうれしいです」

――お子さんに対する深い愛情を感じますが、母としてどんな人に育ってほしいという願いを持っていますか?

「他者への思いやりのある、感謝の気持ちを忘れずに常識を持った人に育ってほしい。すごく当たり前ですが、当たり前のことほど本当に難しいと感じます」

――よく聞かれると思いますが、お子さんにフィギュアスケートをやってほしい気持ちはありませんか?

「私は個人競技だったので、協調性というものを知らないまま、競技人生を過ごしてきました。なので、できればチームスポーツをやってほしいと思っています。仲間意識を持つことができ、夢中になれる競技を自分で見つけ、巡り会ってくれたらいいなと。親としては、その手助けをしたいです。長男は水泳が好きなので、好きなことから見つけていくのもいいと思います」

1 2 3

中野 友加里

THE ANSWERスペシャリスト フィギュアスケート解説者

1985年8月25日生まれ。愛知県出身。3歳からスケートを始める。現役時代は女子史上3人目の3回転アクセル成功。スピンを得意として国際的に高い評価を受け、「世界一のドーナツスピン」とも言われた。05年NHK杯優勝、GPファイナル3位、08年世界選手権4位など国際舞台でも活躍。全日本選手権は表彰台を3度経験。10年に現役引退後、フジテレビに入社。スポーツ番組のディレクターとして数々の競技を取材し、19年3月に退社。現在は講演活動を行うほか、審判員としても活動。15年に一般男性と結婚し、2児の母。YouTubeチャンネル「フィギュアスケーター中野友加里チャンネル」も人気を集めている。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集