[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

8割が陥る“股ずれ” 女子競輪選手と体、「恥ずかしいから」相談できない深刻な現実

沖氏は「日本なりの形を探る必要がある」と女子選手へのサポートの必要性について言及した【写真:編集部】
沖氏は「日本なりの形を探る必要がある」と女子選手へのサポートの必要性について言及した【写真:編集部】

沖氏が感じる、女子選手を巡る環境の変化「様々な角度からサポートを」

 沖氏は現役時代、プロロードサイクリストとして、01~08年、ヨーロッパを拠点に活躍。ヨーロッパでは、家族とチームが子育て中の選手をバックアップしていたと話す。

「選手たちは皆、自分やパートナー家族と同居。レースや遠征時はスタッフやパートナー、オフの時間はチームメートも子どもをみていた。とはいえ、ヨーロッパ方式をそのまま日本に導入してもうまくいきません。シッターさんを呼ぶのか、合宿や遠征時の夜泣きの対策はどうするのか。日本なりのベストな形を探る必要があります」

 沖氏は2018年5月世界女性スポーツ会議(ボツワナ・ハボローネ)に招聘され、研究を発表。レーサーパンツの開発や生理用品を扱う会社からも相談が寄せられるようになり、小さいながらも、変化を感じている。

「東京オリンピックに向けて、メディアでも女性スポーツが注目されるようになりましたが、現場の体制はまだまだ取り組むべき課題は山積。例えば、思春期の女子アスリートが体との付き合い方を学べる講演や教育プログラムの開発など、今後は自転車競技の枠を超え、様々な角度から女性スポーツをサポートしていきたいですね」

 3月に大学院を修了した沖氏。今後は競輪の統括団体であるJKAの職員として、自転車競技の普及や外国人選手のケア、東京五輪に向けてJOC関連の仕事に携わっていく。

(長島 恭子 / Kyoko Nagashima)

1 2 3

長島 恭子

編集・ライター。サッカー専門誌を経てフリーランスに。インタビューや健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌などで編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(共に中野ジェームズ修一著、サンマーク出版)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、サンマーク出版)、『カチコチ体が10秒でみるみるやわらかくなるストレッチ』(永井峻著、高橋書店)など。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集