[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

体重32kg、出せなかったSOS 鈴木明子が語る摂食障害の怖さ「私の経験、役に立てて」

オンラインインタビューで摂食障害の体験を明かした鈴木さん【写真:編集部】
オンラインインタビューで摂食障害の体験を明かした鈴木さん【写真:編集部】

選手、家族から絶えない相談「役に立てることがあれば、いくらでも私を使って」

「私が休んでいる間に、浅田真央さん、安藤美姫さんなど、一緒に頑張ってきた仲間がどんどん活躍し、世間では女子フィギュアスケートの黄金期と言われるようになっていました。テレビや雑誌で見るみんなの姿は、すごく輝いていて『あぁ、私はもう、皆がいるスポットライトが当たる場所にはいけないのかな』と正直、苦しかったですね。

 それでも、諦めなかったのは、スケートが好きだったから。スポットライトを浴びたい、トップに行きたいという以上に、戻ってきた気持ちを大切にしようと思いました。マイナスからのスタートでしたが、子どものときに味わった『あ、これ跳べた!』といううれしい気持ちをもう一度味わえて、『なんか、お得じゃん!』と思っていましたね」

 復帰に向かう一方で、「鈴木明子は終わった」という声も耳に届いた。冷ややかな評価は「ヒシヒシと感じていた」が、一番近くにいる家族やコーチのおかげで、自分を信じ続けることができた、と話す。

「特にコーチが希望を失わず、“できる”と信じさせてくれた。私一人だったら、絶対に(氷上に戻ることは)できなかったと思います」

 月日は流れ、迎えた大学4年のユニバーシアード。鈴木さんは復帰後初めて、国際大会で優勝を飾る。その後の活躍は言うまでもない。バンクーバー五輪、ソチ五輪と2度のオリンピック出場を経て、2014年3月の世界選手権を最後に競技引退。18歳で一度は危ぶまれたスケート人生は29歳まで続き、鈴木さんのスケーティングは引退するその日まで、日本中を魅了し続けた。

 さて、現在、鈴木さんは、プロスケーターとしてアイスショーに出演するほか、振付師として後進の育成にも尽力する。10代の苦しい経験を公にしていることで、選手やその家族からの相談は絶えないという。

「私は選手がSOSを上げられる環境を作らなくてはいけない、と考えます。悩みや不安を言葉にしたり、人の話を聞いたりすれば、気持ちの整理がつくことも、突破口が生まれることもあると思います。もしかしたら、『あれ、そんなに深く悩むことじゃなかったな』と気づけるかもしれない。

 私自身、当時、もっと人に頼ればよかった、誰かに話を聞いてもらえたらすっきりできたかなと思っています。ならば、私がその役をやればいい。私で良ければ不安や悩みを存分に聞きますし、役に立てることがあれば、どうぞいくらでも私を使って、という気持ちです。

 アスリートは孤独。頑張らなきゃと思うほど、すべて自分ひとりで抱えてしまう。でも、人間はそれほど強くないと思うし、だから支え合って生きている。ですから、みんな、もっと自分を大事にしようね、と伝えたい」

 若い選手に自己管理をしろというばかりでは難しい。周囲の大人たちは、選手一人ひとりと向き合い、本人たちが抱く競技や人生の目標やビジョンに耳を傾けてほしい、と訴える。

「アスリートであれば、将来よりも今、目の前のことを頑張りたいと思うのは当たり前だと思います。その気持ちを踏まえた上で、指導者や家族は、アスリートとして必要な体や栄養の正しい知識を共有し、本人の見えていない部分を含め、見守ってほしい。

 ただただ、痩せろというのではなく、正しい知識を持ち、選手の幸せは何かを第一に考える。そして、競技にどう取り組んでいけばよいかを、一緒に考えていくことが大切だと思います」

■鈴木明子

 1985年3月28日、愛知県生まれ。6歳からスケートを始め、2000年に15歳で初出場した全日本選手権で4位に入り、脚光を浴びる。東北福祉大入学後に摂食障害を患い、03-04年シーズンは休養。翌シーズンに復帰後は09年全日本選手権2位となり、24歳で初の表彰台。翌年、初出場となったバンクーバー五輪で8位入賞した。以降、12年世界選手権3位、13年全日本選手権優勝などの実績を残し、14年ソチ五輪で2大会連続8位入賞。同年の世界選手権を最後に29歳で引退した。現在はプロフィギュアスケーターとして活躍する傍ら、講演活動に力を入れている。

(長島 恭子 / Kyoko Nagashima)

1 2 3

長島 恭子

編集・ライター。サッカー専門誌を経てフリーランスに。インタビューや健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌などで編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(共に中野ジェームズ修一著、サンマーク出版)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、サンマーク出版)、『カチコチ体が10秒でみるみるやわらかくなるストレッチ』(永井峻著、高橋書店)など。

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集