[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

体重90kgから激変「今より30kg太っていた」 3年間で別人になった小藤舞美に生まれた夢

体重90キロ時代は便座を割った過去も…夢は「世界一」

――TikTokを始めたきっかけは。

「実はもともと体重90キロぐらいあったんです。いまから30キロぐらい太っていました。動画の投稿を始めたのは20キロ痩せて70キロぐらいになったときで。そこまでは食生活を変えるだけで痩せたんですけど、70キロから60キロになるまでは食生活だけでは痩せられなくて。それでトレーニングしようと決意して、痩せてきた経緯を全部残しています」

――90キロぐらいあったのは何歳頃だった。

「今23歳なんですが、20歳のときです。このままじゃいけないと思って。便座を割ってしまったり、レストランのトイレでドアに挟まって出られなくなったりと、体型のせいでいろいろ支障が出てきてしまったので自分を変えたいな、と思いました」

――減量を続けられた理由は。

「そのときから、本当に途方もない夢ですけど、いつか世界で活躍するようなアスリート、競技者になりたいなという思いがひそかにあったので。本当に途方もないですけど、諦めなければいつか叶うと思っているので、諦める理由がないなという感じです。まだまだ一歩目です」

――変わった自分に誇らしい気持ちはあるか。

「あります。まさか人前に立つなんてありえなかったので。90キロの頃を知っている人からは別人と言われます」

――次の目標は。

「世界一、IFBB(国際ボディビルディング・フィットネス連盟)のプロ選手、ビキニフィットネスの世界選手権に出場して優勝することが私の夢です。あとは、自分のフィットネスウェアブランド、トレーニングウェアをデザインすることが私の夢です。今は学生としてデザインの勉強をしています。トレーニングウェアのデザインやジムの空間デザインなどフィットネス、トレーニング全般に関われる人になりたいです」

――自慢のポイントは。

「一度覚悟したことは絶対に諦めないことだと思います」

(THE ANSWER編集部)

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集