[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

転機は15kgのダイエット 42歳から始めた筋トレで日本一、試練も越えた齋藤優子が涙

日本ボディビル・フィットネス連盟(JBBF)主催の「オールジャパン マスターズ フィットネスチャンピオンシップ」が18日に神奈川・茅ヶ崎市民文化会館で開催され、ボディフィットネス45~54歳160センチ超級では48歳の齋藤優子が優勝した。今年4月に交通事故に遭い、出場が危ぶまれた時期もあったが、試練を乗り越えた頂点に涙を流した。

ボディフィットネス45~54歳160センチ超級で優勝した齋藤優子【写真:中戸川知世】
ボディフィットネス45~54歳160センチ超級で優勝した齋藤優子【写真:中戸川知世】

オールジャパン マスターズ フィットネスチャンピオンシップ

 日本ボディビル・フィットネス連盟(JBBF)主催の「オールジャパン マスターズ フィットネスチャンピオンシップ」が18日に神奈川・茅ヶ崎市民文化会館で開催され、ボディフィットネス45~54歳160センチ超級では48歳の齋藤優子が優勝した。今年4月に交通事故に遭い、出場が危ぶまれた時期もあったが、試練を乗り越えた頂点に涙を流した。

 頂点に立ち、優勝メダルを首から下げた齋藤は、舞台袖で号泣した。

「周りの人がいなければ優勝できなかった。いろんな人たちに感謝したいです」

 今年4月、運転中に交通事故に遭い、首と背中を痛めた。救急車で運ばれ「もう無理かなと思っていた」。約1か月間トレーニングができず、今も痛みを抱えるが闘志は消えなかった。

 42歳だった6年前に始めた筋トレのきっかけはダイエット。1年で約15キロ落としたが「マラソンが辛くなってきたところ」で、トレーナーからボディメイクを勧められ、この競技を始めた。

 試練を乗り越えた日本一。「本当に皆に感謝しかない」と涙は止まらなかった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集