[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

叶結衣、大会史上初の中学生V 全米アマ女王・馬場咲希に「強い」と言わしめた14歳

ジュニア女子ゴルファーを対象にした第3回宮里藍インビテーショナルSupported by SUNTORY最終日が25日、茨城・PGM石岡GCで行われた。大会側から招待された中学1年から高校2年までの33人が出場。首位で出た14歳の叶結衣(沖学園中3年)が、68で回って通算10アンダーとし、大会初の中学生優勝者となった。日本人として37年ぶりに全米女子アマチュア選手権を制した馬場咲希(代々木高2年)は3位から出て、6バーディー、1ボギーの67で回って通算9アンダーの2位だった。

宮里藍インビテーショナル、2位の馬場咲希、宮里藍、優勝した叶結衣、3位の徳永歩(左から)【写真:編集部】
宮里藍インビテーショナル、2位の馬場咲希、宮里藍、優勝した叶結衣、3位の徳永歩(左から)【写真:編集部】

第3回宮里藍インビテーショナルSupported by SUNTORY

 ジュニア女子ゴルファーを対象にした第3回宮里藍インビテーショナルSupported by SUNTORY最終日が25日、茨城・PGM石岡GCで行われた。大会側から招待された中学1年から高校2年までの33人が出場。首位で出た14歳の叶結衣(沖学園中3年)が、68で回って通算10アンダーとし、大会初の中学生優勝者となった。日本人として37年ぶりに全米女子アマチュア選手権を制した馬場咲希(代々木高2年)は3位から出て、6バーディー、1ボギーの67で回って通算9アンダーの2位だった。

 最終18番パー4の第3打。叶はグリーン左奥からのアプローチをピン左1.5メートルに寄せた。ピンがグリーン奥に切られ、叶の側からは下り傾斜。グリーンにボールを運べば、確実にピンをオーバーする状況だったが、叶はラフでボールをクッションさせ、グリーンの下り傾斜に乗せた。

「ピンまで20ヤードあって、10ヤード地点に落とすイメージでした。少し弱くて2クッションしたのが逆に良かったです。パーパットも緊張しましたが、しっかりと入れることができました」

 同組には、全米女子アマチュア選手権優勝の馬場、2021年全国高校選手権春季大会覇者の徳永歩がいたが、臆することのないプレーで、堂々の頂点に立った。

「実感はないですけど、うれしいです。今日はドライバーの調子が悪かったのですが、アプローチとパットでリカバリーできて良かったです」

 前日から、馬場とのラウンドを楽しみにしていたという。ドライバーの飛距離は30~40ヤード程置いていかれたが、宮里からレッスン会で教えられた「客観的に自分を見る」と思い出し、自分の飛距離、ショット力、強い風を計算して、2打目から冷静にクラブ選択。得意の小技も生かしてスコアを伸ばした。馬場がピン側に寄せて先にバーディーを奪った16番パー5では、5メートルのフックラインを読み切ってバーディーを奪い返してみせた。そして、1打のリードをキープした。

「あそこは絶対に入れるつもりでした」

 その気合と勝負強さを目の当たりにした馬場には「本当に『強い』と思いました」と言わしめた。

 この優勝で宮里とラウンドできる権利を獲得。日程は未定だが、「すごく楽しみです。私と身長はあまり変わらないですけど、小技がすごくて世界一になられた方なので、勉強になると思います。吸収したいです」と声を弾ませた。目標は「賞金女王になって、みんなから応援されるプロになること」。数年後には、馬場ら今大会の出場者とツアーで優勝争いをする姿が見られるかもしれない。

【成績上位者】

優勝(-10)叶結衣
2位(-9)馬場咲希
3位(-8)徳永歩
4位(-3)茶木詩央
5位(-3)岡安優菜

※同スコアはカウントバック方式で順位決定

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集