[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

17歳馬場咲希、藍プロの教え実践で1打差2位 中学生に敗れるも「楽しめています」

ジュニア女子ゴルファーを対象にした第3回宮里藍インビテーショナルSupported by SUNTORY最終日が25日、茨城・PGM石岡GCで行われた。大会側から招待された中学1年から高校2年までの33人が出場。日本人として37年ぶりに全米女子アマチュア選手権を制した馬場咲希(代々木高2年)は3位から出て、6バーディー、1ボギーの67で回って通算9アンダーの2位。優勝には1打届かなかったが、宮里からの教えも実践し、ショット、パットも復調の手応えをつかんだ。首位で出た叶結衣(沖学園中3年)は68で回って通算10アンダーとし、馬場と1打差でフィニッシュ。大会初の中学生優勝者となった。

2位となった馬場咲希、宮里藍さん、優勝した叶結衣(左から)【写真:編集部】
2位となった馬場咲希、宮里藍さん、優勝した叶結衣(左から)【写真:編集部】

第3回宮里藍インビテーショナルSupported by SUNTORY

 ジュニア女子ゴルファーを対象にした第3回宮里藍インビテーショナルSupported by SUNTORY最終日が25日、茨城・PGM石岡GCで行われた。大会側から招待された中学1年から高校2年までの33人が出場。日本人として37年ぶりに全米女子アマチュア選手権を制した馬場咲希(代々木高2年)は3位から出て、6バーディー、1ボギーの67で回って通算9アンダーの2位。優勝には1打届かなかったが、宮里からの教えも実践し、ショット、パットも復調の手応えをつかんだ。首位で出た叶結衣(沖学園中3年)は68で回って通算10アンダーとし、馬場と1打差でフィニッシュ。大会初の中学生優勝者となった。

 最終18番パー4。馬場のバーディーパットは、わずかに外れた。ピン左から6メートルのスライスライン。入れば(カウントバック方式で)優勝の状況で、「絶対に届かせる」の意識で打ち、ボールは思った通りの転がりだったという。

「打った瞬間、入ると思いました。でも、思い通りに打てたので良かったです」

 首位に2打差からのスタートで最終組。1番ティーに入る前から「今日はマッチプレーの意識で」と考えていたという。前半は思うようにバーディーが決まらずも、後半は「バーディーを獲って獲られての展開」。優勝には1打届かなかったが、「藍プロにレッスン会で教わったようにクラブの番手を迷った時も、決断した後はその番手でどう打つかだけを考えられました」などと振り返った。

 今夏は全米女子オープン、全米女子ジュニア選手権、全米女子アマチュア選手権、世界女子アマチュアチーム選手権を経験し、前週は国内ツアー・住友生命Vitalityレディス東海クラシックに出場した。一方、今大会は参加33人のジュニア大会だったが、「同じテンションでプレーできましたか?」の問いに馬場は「はい」と即答し、「どんな試合でも結果はともかく楽しもうと思っていますし、実際に楽しめています」と笑顔で返した。

 表彰式でも宮里と並んでニコリ。アイアンショットはピンに絡むようになり、ドライバーショットについても「振り切る」ことを意識し、飛距離は戻りつつある。次戦の日本女子オープン(9月29~10月2日、千葉・紫CCすみれC)に向けては吉兆。自身が初めて出場する国内メジャー大会でも、楽しみながら上を目指す。

【成績上位者】

優勝(-10)叶結衣
2位(-9)馬場咲希
3位(-8)徳永歩
4位(-3)茶木詩央
5位(-3)岡安優菜

※同スコアはカウントバック方式で順位決定

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集