[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • トレーニング
  • 久保建英のような天才少年にどう育てる? 幼少期に作りたい「転ばない体」

久保建英のような天才少年にどう育てる? 幼少期に作りたい「転ばない体」

2020年の東京オリンピックが迫る中、子供たちのスポーツ熱もこれまで以上に高まりを見せている。次代の日本のスポーツ界を支える幼稚園世代の子供にとって、健康な育成に、そして、将来のトップアスリートに成長するために、どのようなトレーニングが必要なのだろうか?

競泳・池江、サッカー・長友ら代表選手の専属トレーナー木場克己氏に聞く

 2020年の東京オリンピックが迫る中、子供たちのスポーツ熱もこれまで以上に高まりを見せている。次代の日本のスポーツ界を支える幼稚園世代の子供にとって、健康な育成に、そして、将来のトップアスリートに成長するために、どのようなトレーニングが必要なのだろうか?

「最近は転びやすい子供が増えています。そして、体をうまく使えていない子供もいます。幼稚園年代で一番大事なところはバランス力にあります。そして、効果的な体を使えるようになること。今日は遊びながら柔らかいマットで、まずは転ばない体を作る。トレーニングで集中力を高めて、脳から神経、筋肉への信号の発信も促進するイメージです。インナーマッスルを反応させるメニューから始めました。みんな子供たちは楽しそうで嬉しかったです」

 こう語ったのはプロトレーナーの木場克己氏。体幹・体軸・バランスを強化する「Koba式体幹・バランストレーニング」の開発者で、競泳女子のリオデジャネイロ五輪代表の池江璃花子(ルネサンス亀戸)、サッカーの日本代表DF長友佑都(インテル)らトップアスリートの専属トレーナーを務め、JP日本郵政女子陸上部のアドバイザーとして1年間指導し、創部3年目にしてクイーンズ駅伝優勝に導いた木場氏は先日、東京・世田谷区の池田幼稚園で年中・年長の児童約70人に体幹教室を開いた。

 1クラス35分間に区切られた幼稚園生向けの「Kobaトレ」は、不安定に揺れる特製のファンクショナルマットを敷き詰めて行われた。ハイハイ、そして、四つん這いという幼児期独特の動きからトレーニングはスタートする。

1 2 3

木場克己

KOBA式体幹バランストレーニング協会代表

プロトレーナー

小学2年生で柔道を始め小学6年生の南九州柔道大会で優勝・優秀選手賞をもらう。
中学3年生のとき県内の大会のタイトルを優勝で飾る。全九州大会団体の部で優勝・県大会軽量級個人戦2位。
高校でレスリングを始め56kg級九州大会で優勝。インターハイ・国体は団体戦3位の成績。
腰椎圧迫骨折で現役を退き医療人の道へ。

鍼灸師・柔道整復師・FC東京ヘッドトレーナー(1995~2002)・ガンバ大阪ユーストレーニングアドバイザー(2016年~)・長友佑都専属トレーナー

URL:http://kobakatsumi.jp/

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
SportyLife スポーティーライフ - 食とスポーツをつなぐ情報誌
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー