[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

イチロー、松井、浅田真央のように― 「おりひめJAPAN」が願う“たった一つの夢”

来年に迫った東京オリンピック・パラリンピックに向けて、日本をはじめ世界各地で前哨戦とも言える国際大会が目白押しだ。その1つが11月30日から12月15日まで熊本県を舞台に繰り広げられる「2019女子ハンドボール世界選手権大会」だ。「おりひめJAPAN」の愛称を持つ日本代表は、初のメダル獲得を目指して決戦に臨む。

女子ハンドボール日本代表の原希美(右)と石立真悠子【写真:荒川祐史】
女子ハンドボール日本代表の原希美(右)と石立真悠子【写真:荒川祐史】

30日から熊本県で「2019女子ハンドボール世界選手権大会」を開催

 来年に迫った東京オリンピック・パラリンピックに向けて、日本をはじめ世界各地で前哨戦とも言える国際大会が目白押しだ。その1つが11月30日から12月15日まで熊本県を舞台に繰り広げられる「2019女子ハンドボール世界選手権大会」だ。「おりひめJAPAN」の愛称を持つ日本代表は、初のメダル獲得を目指して決戦に臨む。

【特集】オリンピックに繋がる大会に おりひめジャパンが目指す世界選手権とその先 / 女子ハンドボール日本代表インタビュー(GROWINGへ)

 強豪デンマークからやってきたウルリック・キルケリー監督率いる「おりひめJAPAN」を、プレー面ではもちろん、精神的な支柱として牽引するのが、キャプテン原希美とベテラン石立真悠子の2選手だ。今年から三重バイオレットアイリスでチームメートとなった2人だが、ともにアンダー世代から日本代表として活躍してきた勝手知ったる間柄。真面目な性格で時として肩に力が入りすぎてしまう原に、4歳年上の石立が「クソ真面目なんです(笑)」とツッコミを入れれば、原も「自分でも認めます。はい……(笑)」と絶妙なコンビネーションを披露する。

 今回の世界選手権には、フランス、ブラジル、アンゴラ、韓国など、すでに東京オリンピックの出場権を手にしたチームも参加する。日本は開催国として44年ぶりの五輪出場が決定。2016年からキルケリー監督を招聘し、有力選手に海外リーグの経験を積ませたり、ヨーロッパ遠征に行く回数を増やして体格で勝るチームとの実戦を増やしたり、段階的な強化に取り組んできた。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集