[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大野将平、連覇直後に一瞬映った敗者への称賛サイン SNSで話題に「写真にして売って」【東京五輪名珍場面】

東京五輪は8日に閉幕し、24日からパラリンピックが開幕する。日本は史上最多となる計58個のメダルを獲得し、コロナ禍でも盛り上がりを見せた。パラリンピックへ“熱”を繋ぐべく、競技場内外で生まれた五輪17日間の名珍場面を回顧する。今回は7月26日、柔道の男子73キロ級で連覇を果たした大野将平(旭化成)。決勝での激闘を終えると、相手へサムアップポーズも見せていた。健闘を称え合ったシーンには「写真にして売ってほしい」などと反響が寄せられていた。

男子73キロ級で五輪連覇を達成した大野将平【写真:AP】
男子73キロ級で五輪連覇を達成した大野将平【写真:AP】

24日開幕パラリンピックへ、東京五輪をプレーバック

 東京五輪は8日に閉幕し、24日からパラリンピックが開幕する。日本は史上最多となる計58個のメダルを獲得し、コロナ禍でも盛り上がりを見せた。パラリンピックへ“熱”を繋ぐべく、競技場内外で生まれた五輪17日間の名珍場面を回顧する。今回は7月26日、柔道の男子73キロ級で連覇を果たした大野将平(旭化成)。決勝での激闘を終えると、相手へサムアップポーズも見せていた。健闘を称え合ったシーンには「写真にして売ってほしい」などと反響が寄せられていた。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 決勝はラシャ・シャフダトゥアシビリ(ジョージア)との対戦。大野は支釣込足で技ありを奪い、五輪連覇を達成した。9分26秒の激闘。主審が大野の勝利を告げて一礼すると、敗れたシャフダトゥアシビリが両手を前に差し出して歩み寄る。大野も応じ、畳の中央で強く抱き合った。体を離し、顔を向き合った場面だ。大野は一瞬、右手の親指を立ててサムアップポーズを作った。最後に手を握り、ゆっくりと場外へ向かっていった。

 勝者と敗者が見せたシーンには、ツイッター上の日本人ファンも反応。「大野が親指を立てて相手をたたえた。良いシーンだ。写真にして売ってほしい」「相手選手に対する気遣いやインタビュー、監督との抱擁、全部泣いた」「敗者を思いやる大野選手。技術だけはなく精神的にも王者ですね」「敗者を慮る如きの立ち居振る舞い、ほんと素晴らしいし、見習いたい」などと反響が寄せられていた。

 今大会、日本は柔道で史上最多となる9個の金メダルを獲得。相手選手と健闘を称え合うシーンも多く見られた。24日に開幕するパラリンピックでも、他国の選手との交流シーンが見どころの一つとなる。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集