[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

涙の15歳をみんなで称賛 女子スケボー感動のラストに海外注目「岡本を励ます」【東京五輪名珍場面】

東京五輪は8日の閉会式で幕を閉じた。日本は史上最多となる計58個のメダルを獲得。コロナ禍の中でも、大きな盛り上がりを見せた。24日から開幕するパラリンピックへ“熱”を継続させるため、競技場の内外で様々なドラマが生まれたオリンピック17日間の名珍場面を連日回顧する。今回は新競技・スケートボードで生まれた感動シーンだ。15歳の岡本碧優(みすぐ)が惜しくも4位。演技後、他の選手たちが涙の岡本のもとへと近寄り、担ぎあげて健闘を称える場面があった。

スケートボード・女子パークで4位となった岡本碧優【写真:AP】
スケートボード・女子パークで4位となった岡本碧優【写真:AP】

東京五輪をプレーバック、岡本を担ぎ上げたライバル選手たちも話題に

 東京五輪は8日の閉会式で幕を閉じた。日本は史上最多となる計58個のメダルを獲得。コロナ禍の中でも、大きな盛り上がりを見せた。24日から開幕するパラリンピックへ“熱”を継続させるため、競技場の内外で様々なドラマが生まれたオリンピック17日間の名珍場面を連日回顧する。今回は新競技・スケートボードで生まれた感動シーンだ。15歳の岡本碧優(みすぐ)が惜しくも4位。演技後、他の選手たちが涙の岡本のもとへと近寄り、担ぎあげて健闘を称える場面があった。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 若き選手たちのスポーツマンシップが注目されていた。4日のスケートボード・女子パーク決勝。4位で最後の演技を迎えた岡本が、メダルを狙って果敢に挑んだ。華麗にボードを乗りこなしていたが、最後は転倒。あと一歩届かなかった。悔し涙を見せていた岡本を、笑顔にしたのはライバルたちだった。

 壁を上がってきた15歳に、各選手が続々と近寄って抱擁。そして、ポピー・オルセン(オーストラリア)とブライス・ウェットスタイン(米国)の2人が岡本を担ぎ、肩に乗せて演技を称賛したのだった。これに岡本は泣きながらも笑顔。ガッツポーズも見せていた。

 実際の映像を見たツイッター上の日本人からは「涙腺崩壊した」「オリンピック初泣き」などと投稿が寄せられていたが、米スポーツ専門局「ESPN」の豪州・ニュージーランド版の公式ツイッター「ESPNオーストラリア&ニュージーランド」もこの場面に注目していた。

 岡本が2人の肩に乗せられた写真を公開し、文面には「15歳のミスグ・オカモトが転倒し銅メダルを逃した瞬間、オーストラリアのポピー・オルセンと他の選手たちが彼女を持ち上げて、励ましました」と記載。美しい瞬間に脚光を浴びせていた。

 この種目は19歳の四十住(よそずみ)さくらが金メダル、12歳の開心那(ひらき・ここな)が銀メダルを獲得。日本勢の活躍が目立ったが、岡本と他の選手が作り出したシーンも話題となっていた。24日からは世界のアスリートが再び集まり、パラリンピックが開幕するが、各国選手の活躍に期待したい。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集