[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

三浦龍司、3000m障害日本新で決勝進出! 日本人49年ぶり「レースも記録もモノにできた」

東京五輪の陸上は30日、男子3000メートル障害予選で三浦龍司(順大)が8分9秒92の日本新記録を記録し、組2着で日本人49年ぶりとなる決勝進出した。自身の持つ日本記録6秒以上更新。三浦は「外国人選手の力を借りながら積極的に走れた。レースも記録もモノにできた」と振り返った。

男子3000メートル障害で日本新記録を記録し、組2着で決勝進出した三浦龍司【写真:Getty Images】
男子3000メートル障害で日本新記録を記録し、組2着で決勝進出した三浦龍司【写真:Getty Images】

東京五輪陸上、8分9秒92で日本新記録

 東京五輪の陸上は30日、男子3000メートル障害予選で三浦龍司(順大)が8分9秒92の日本新記録を記録し、組2着で日本人49年ぶりとなる決勝進出した。自身の持つ日本記録6秒以上更新。三浦は「外国人選手の力を借りながら積極的に走れた。レースも記録もモノにできた」と振り返った。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 順大2年の三浦は序盤から積極的に前につけ、レースを進めた。「最初の1000メートルのペースが速くて、どうなるかと思った。外国人の力を借りながら積極的に走れた」。外国勢とも互角に渡り合い、6月の日本選手権でマークした8分15秒99を6以上更新。午前9時台のレースで快挙を果たした。

「2日後はこれ以上、思い切って全力を出しきれるように」と決勝を見据えた三浦。記録については「1桁台はまだまだ先の目標と思っていたけど、自分のレースも記録もモノにできた。凄く良いレースができた」と満足げに語った。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集