[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

フクヒロペアをリスペクト 廣田の患部気遣った中国ペアにSNS感動「もらい泣きした」

東京五輪は29日、バドミントン女子ダブルス準々決勝で福島由紀、廣田彩花ペアは中国ペアに敗れ、4強入りを逃した。廣田は右膝前十字じん帯断裂の大けがを押してプレーしていたが、試合終了直後には中国ペアが駆け寄り、患部を気にするシーンがあった。健闘をたたえ合ったシーンにSNS上では「尊敬しあえるってすごい」「ジーンときた」「もらい泣きした」などと感動が広がっている。

バドミントン女子ダブルス準々決勝で敗れた福島由紀、廣田彩花ペア【写真:Getty Images】
バドミントン女子ダブルス準々決勝で敗れた福島由紀、廣田彩花ペア【写真:Getty Images】

バドミントン女子ダブルス準々決勝で感動シーン

 東京五輪は29日、バドミントン女子ダブルス準々決勝で福島由紀、廣田彩花ペアは中国ペアに敗れ、4強入りを逃した。廣田は右膝前十字じん帯断裂の大けがを押してプレーしていたが、試合終了直後には中国ペアが駆け寄り、患部を気にするシーンがあった。健闘をたたえ合ったシーンにSNS上では「尊敬しあえるってすごい」「ジーンときた」「もらい泣きした」などと感動が広がっている。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 相手へのリスペクトが見える象徴的なシーンだった。終了直後、中国ペアが日本の2人のもとに駆け寄った。そして廣田の患部を気にしているようだ。そしてタッチを交わし、最後はハグ。言葉も交わしている。健闘を称え合っているようだ。

 試合中は敵同士でも、終われば互いを尊敬しあう間柄。このシーンにSNS上のファンは「尊敬しあえるってすごい」「ジーンときた」「もらい泣きした」「素敵なお話」「改めて泣けてきた」などと感動を覚えているようだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集