[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

憧れた後輩3人が明かす松田直樹伝説 泣かされた水沼宏太「でもそれが大切な思い出」

かつて日本サッカー界に輝く唯一無二のDFがいた。松田直樹。横浜F・マリノスで背番号3を着け、日本人離れした身体能力で数多のFWを封じ、2002年ワールドカップ(W杯)日韓大会で日本代表の16強に貢献。プレーはもちろん、歯に衣着せぬ言動とカリスマ性で選手、ファンに愛された。しかし、2011年の夏、所属していた松本山雅の練習中に急性心筋梗塞で倒れ、8月4日、帰らぬ人に。34歳の若さだった。早すぎる別れから、もう10年――。

2004年、長髪をばっさりと切り坊主頭でプレーする松田直樹さん【写真:Getty Images】
2004年、長髪をばっさりと切り坊主頭でプレーする松田直樹さん【写真:Getty Images】

連載「松田直樹を忘れない 天国の背番号3への手紙」10通目 水沼宏太・金井貢史・長谷川アーリア

 かつて日本サッカー界に輝く唯一無二のDFがいた。松田直樹。横浜F・マリノスで背番号3を着け、日本人離れした身体能力で数多のFWを封じ、2002年ワールドカップ(W杯)日韓大会で日本代表の16強に貢献。プレーはもちろん、歯に衣着せぬ言動とカリスマ性で選手、ファンに愛された。しかし、2011年の夏、所属していた松本山雅の練習中に急性心筋梗塞で倒れ、8月4日、帰らぬ人に。34歳の若さだった。早すぎる別れから、もう10年――。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 節目の年に合わせた「THE ANSWER」の連載「松田直樹を忘れない 天国の背番号3への手紙」。その功績と人柄を語り継ぐため、生前にゆかりがあった選手・関係者らが登場し、命日となる8月4日まで連日、想いを明かす。第10回は水沼宏太(横浜F・マリノス)、金井貢史(FC琉球)、長谷川アーリアジャスール(FC町田ゼルビア)。いずれもプロのキャリアをスタートさせたF・マリノスで松田さんに憧れた後輩3人が思い出を語り合い、最後に水沼が代表して天国の松田さんへのメッセージを送った。(取材・構成=藤井 雅彦、取材日=7月7日)

 ◇ ◇ ◇

――皆さんがプロ入りした頃、松田さんはすでに日本を代表するDFとして地位を築き上げた選手でした。最初に、真っ先に思い浮かぶ松田さんのイメージを聞かせてください。

長谷川「とにかくサッカーが大好きな人です。常にサッカーに対して真摯に向き合っていて、だから試合に出られなければ人一倍悔しがっていました」

金井「とにかく負けず嫌いでしたよね。試合だけではなく練習から負けず嫌いで、若手だからといって甘やかしてくれる人ではありませんでした。むしろ厳しかった印象が強いです」

水沼「当時のF・マリノスの練習の雰囲気は特別だったよね。実力と実績を兼ね備えた選手ばかりで、ミスをしたら先輩に怒られるという怖さがありました。その先頭に立っていたのがマツさんだと思います」

金井「怖すぎた(苦笑)」

長谷川「ウォーミングアップのボール回しは若手中心のグループに入りたかった(笑)。マツさんがいるグループだと萎縮してしまって……」

金井「マツさんが明らかなパスミスをしていても、そのパスを処理できない自分のミスになる(笑)」

水沼「ちょっぴり理不尽だけど、へこたれることなく立ち向かっていかないといけない。マツさんはそういう選手を可愛がってくれました」

1 2 3 4 5
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集