[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「美しい国の素晴らしい五輪を夢に」 東京五輪延期、海外メダリストら反応まとめ

7月24日に開幕予定だった東京五輪・パラリンピックの延期が24日、決定した。新型コロナウイルスの世界的な感染拡大で史上初の措置となり、大きな影響を受けるのが主役の選手たち。ツイッターやインスタグラムでは、海外選手たちが様々な反応を示している。

柔道のテディー・リネール【写真:Getty Images】
柔道のテディー・リネール【写真:Getty Images】

夢は1年後へ、最強柔道家リネール「東京よ、2021年に会おう」

 7月24日に開幕予定だった東京五輪・パラリンピックの延期が24日、決定した。新型コロナウイルスの世界的な感染拡大で史上初の措置となり、大きな影響を受けるのが主役の選手たち。ツイッターやインスタグラムでは、海外選手たちが様々な反応を示している。

【特集】「泳いで、漕いで、走って」51.5キロ 過酷な競技に魅せられたワケ / トライアスロン・佐藤優香インタビュー(GROWINGへ)

 柔道男子100キロ超級で2連覇中の最強柔道家テディー・リネール(フランス)は「東京よ、2021年に会おう。まず私たちは勝たなくてはならないより重要な試合がある」と投稿。延期に前向きな姿勢を示し、新型コロナ禍をみんなで乗り越えるべきだと強調している。競泳女子で金メダルを5個獲得しているケイティ・レデッキー(米国)は「私たちは立ち上がる時です。美しい国で開催される素晴らしい五輪を夢見ましょう」などと記している。

 以下、海外メダリストなど有力選手のコメント。

ジョー・コバックス(米国、リオ五輪砲丸投げ銀メダル)
「この適切ではない状況下ではなく、最高のタイミングで最高の相手たちと戦いたいと思っている。だから、IOCが延期を決めたことは賢明な判断だ」

チャド・ルクロス(南アフリカ、ロンドン五輪競泳男子200メートルバタフライ金メダル、100メートルバタフライ銀メダル、リオ五輪銀メダル)
「五輪委員会は正しい決断をした。適切なタイミングで行われる2021年東京五輪に再び照準を定める。これから世界の健康と安全をまた落ち着かせる番だ」

ディナ・アッシャースミス(英国、リオ五輪陸上女子400メートルリレー銅メダル)
「同じ情熱で新しい日程。みんな、自宅で安全にしていてください」

トーマス・デーリー(英国、ロンドン五輪男子10メートル高飛び込み銅メダル)
「私たちの夢を実現するために1年間を犠牲にして、人々の安全を確保することは重要なことです。そうです、1年、年をとります。私の身体も1年の老いを感じるでしょう。しかし、その時が来た時に、チーム英国の一員であることを誇りに思えるように、身を粉にして、練習を重ねることを約束するよ」

カロリーヌ・ビヤーケリ・グレヴダル(ノルウェー、陸上長距離)
「東京2021!! 私の夢は無くなったわけじゃない。ただ延期になっただけ」

(THE ANSWER編集部)

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集