[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

谷田成吾の野球note「球団代表になって3か月 今、私が徳島でしていること」

昨年12月、野球の独立リーグ・四国アイランドリーグplusの徳島インディゴソックスで、日本最年少の球団代表に就任した谷田成吾氏。「由伸2世」の異名を取り、アマチュア球界で名を馳せた元スラッガーが、26歳の若さで球団経営に飛び込んだ想い、独立が置かれているリアルな現状、人口減少している野球界に対する未来など、本人が自らの言葉でつづる。

徳島インディゴソックスの球団代表の谷田成吾氏【写真:本人提供】
徳島インディゴソックスの球団代表の谷田成吾氏【写真:本人提供】

「徳島インディゴソックス球団代表・谷田成吾の野球note」第2回

 昨年12月、野球の独立リーグ・四国アイランドリーグplusの徳島インディゴソックスで、日本最年少の球団代表に就任した谷田成吾氏。「由伸2世」の異名を取り、アマチュア球界で名を馳せた元スラッガーが、26歳の若さで球団経営に飛び込んだ想い、独立が置かれているリアルな現状、人口減少している野球界に対する未来など、本人が自らの言葉でつづる。

【PR】川口能活のDAZN(ダゾーン)観戦術 JリーグのGKに期待する「内面の強さ」は映像でわかる

 第2回は「球団代表になって3か月 今、私が徳島でしていること」。異色の転身を遂げた後、どんな日々を送ってきたのか。新型コロナウイルス感染拡大でリーグ戦は開幕延期となり、再開に向けて対応に追われる中、就任後の動きについてレポートした。

 ◇ ◇ ◇

 12月に球団代表に就任して以来、激流のような日々を過ごしていました。関係者、友人、知人から「球団代表になって何してるの?」とよく聞かれますが、答えているのは「いろいろ」。人員が足りないこともあり、本当に業務は多岐に渡ります。その「いろいろ」について、今回はお話しします。

実際、この3か月で何をしていたのか?

 球団は3月末の開幕に向けて準備を進めてきました。一言で準備といっても、開幕戦やその先の試合を実施するために球場を押さえたり、試合中のイベントを考えたり、タイムスケジュールを決める“運営的な準備”と、1年間活動していくために開幕までに可能な限り多くのスポンサーを集めなければならない“金銭的な準備”があります。

 私の日々の大まかな流れは朝から営業に回り、夜に試合運営周りの事務作業を進めてきました。なので、ほぼ事務所にはおらず、休みという休みはほとんどありませんでした。最近は手を動かしてばかりなので、何かを考えたりインプットしたりする時間も確保しなければと反省もしていますが、日々の生活は充実していました。

スポンサー営業をしていて思うこと

 外回り営業をしていて日々感じたことは徳島県内の企業を始めとする多くの企業が、徳島インディゴソックスを応援してくれている感謝と、スポンサード頂いている企業に球団として金額に見合う価値を提供できていないのではないかと感じるもどかしさです。

 地元の球団のために協力してくださる企業や個人の方がいらっしゃることは本当にありがたいことですが、「スポンサーして頂いた金額以上の価値を確実に提供できている」とまだ自信をもって言い難いのが現状です。それが新規のスポンサー獲得を苦戦させ、赤字解消を難しくしていると感じています。

 いち早くそのフェーズから脱し、徳島県内外の企業から「ビジネスとして」や「地域貢献として」より大きい価値を感じてもらうことで、今日まで共に歩んでくれたスポンサーや徳島県に恩返しできれば最高です。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集