[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

イングランドの“ハカ奇襲”に罰金の可能性 英紙指摘「制裁がなければ驚きだ」

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は26日の準決勝で世界ランク2位イングランドが同1位ニュージーランドを下し、決勝進出を決めた。しかし、試合前の「ハカ」に選手たちが接近し、応酬した“奇襲”で罰金の可能性が浮上している。英紙「ガーディアン」が報じている。

オールブラックス恒例の「ハカ」を取り囲むイングランドの「V字」陣形【写真:Getty Images】
オールブラックス恒例の「ハカ」を取り囲むイングランドの「V字」陣形【写真:Getty Images】

センターライン越えを問題視、週明けにワールドラグビーが審議と報道

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は26日の準決勝で世界ランク2位イングランドが同1位ニュージーランドを下し、決勝進出を決めた。しかし、試合前の「ハカ」に選手たちが接近し、応酬した“奇襲”で罰金の可能性が浮上している。英紙「ガーディアン」が報じている。

【PR】ラグビーW杯日本大会は大激戦の末、南アフリカが優勝! 日本は悲願のベスト8…感動と興奮をありがとう! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

「イングランドがニュージーランドのハカへの対応後、罰金の可能性」との見出しで報じた記事によると、センターラインを越えて接近したことが問題視され、週明けに国際統括団体のワールドラグビーが処分が妥当を審議する見通しと紹介した。

 合わせて、試合後にPRマコ・ブニポラが「彼らを苛立たせることは分かっていた」と認めたことも伝えている。この日はV字の両翼がセンターラインを越えており、主審から戻るように促されていた。

 記事では11年大会決勝でフランスが弓の形の陣形を敷いて同じように近づき、罰金2500ポンド(約35万円)を科されたと説明。「8年前のフランスの前例を考えると、イングランドに制裁がなければ驚きである」と記し、処罰は当然と受け止めていた。

 今回の一件は試合前の「ハカ」に対する奇襲として注目され、V字陣形の中心にいた主将のオーウェン・ファレルがニヤリと不敵に笑う様子も話題を呼んでいた。

(THE ANSWER編集部)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集