[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、異例10分で公開練習終了 打倒ドネアへ戦闘モード「注目度は理解してる」

ボクシングのWBA・IBF世界バンタム王者・井上尚弥(大橋)が28日、11月7日にさいたまスーパーアリーナで行われる世界5階級王者ノニト・ドネア(フィリピン)とのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)決勝に向け、横浜市内の所属ジムで練習。会見後に異例の10分だけ公開し、戦闘モードに入った。

10分だけ練習を公開した井上尚弥【写真:浜田洋平】
10分だけ練習を公開した井上尚弥【写真:浜田洋平】

WBSS決勝のドネア戦へ練習公開、大橋会長「前回からまた強くなった」

 ボクシングのWBA・IBF世界バンタム王者・井上尚弥(大橋)が28日、11月7日にさいたまスーパーアリーナで行われる世界5階級王者ノニト・ドネア(フィリピン)とのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)決勝に向け、横浜市内の所属ジムで練習。会見後に異例の10分だけ公開し、戦闘モードに入った。

【特集】オリンピックに繋がる大会に おりひめジャパンが目指す世界選手権とその先 / 女子ハンドボール日本代表インタビュー(GROWINGへ)

 決戦まで残り10日。モンスターの頭にはレジェンドを倒すことしかない。報道陣約50人が集まった会見で「注目度は理解している。どういう位置づけの試合か理解して決勝に臨む。今後のことも頭の片隅に入れて自然体でいきたい。そうすれば結果はついてくると思う」と語った。

 会見後に練習を公開。通常、試合10日前後の公開練習なら1時間ほど、たっぷりと汗を流すことがほとんど。前回の5月のエマヌエル・ロドリゲス戦も15分ほどだったが、異例の10分と短かった。写真や動画撮影用にシャドーと1回のミット打ちのみを披露。軽快な動きを披露した。

 会見開始からわずか30分ほどで報道陣は退出。しかし、井上はピリピリムードというわけではなく、会見では穏やかに質問に答えた。「緊張度はかわらない。でも、前回はその緊張度を(周りに)出していた。今回はそこが違うと思います」と説明。減量はリミットの53.5キロまで残り3キロを切ったという。

 陣営の大橋秀行会長は「前回からまた強くなった。世界的にも注目されている。凄い勝ち方をすれば、限りなくパウンド・フォー・パウンドで上にいける」と期待した。1年ぶりの日本での試合に「最後までリラックスして調整している」と井上。できること全てを行い、調整を進めていく。

(THE ANSWER編集部・浜田 洋平 / Yohei Hamada)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集