[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

スコットランドは自業自得 イングランド・エディーHC指摘「責めるべきは自分たち」

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は12日に予定されていたニュージーランド―イタリア(豊田スタジアム)、イングランド―フランス(横浜国際総合競技場)の2試合を台風19号の影響で大会史上初の中止にすると10日に発表した。13日の日本ースコットランド戦についても当日朝に開催が決定されるが、中止の場合、現在A組3位スコットランドは敗退となる。スコットランド側は“特例”つきでも開催を熱望しているが、イングランド代表監督で2015年大会で日本を率いた名将エディ・ジョーンズ氏はスコットランドに対して、「責めるべきは自分たち」と毅然と主張している。

イングランドのエディ・ジョーンズHC【写真:石倉愛子】
イングランドのエディ・ジョーンズHC【写真:石倉愛子】

日本の気候もよく知るエディーHCはスコットランドが自業自得と主張

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は12日に予定されていたニュージーランド―イタリア、イングランド―フランスの2試合を台風19号の影響で大会史上初の中止に。13日の日本ースコットランド戦についても当日朝に開催が決定されるが、中止の場合、現在A組3位のスコットランドは敗退となる。スコットランド側は“特例”付きでも開催を熱望しているが、イングランド代表ヘッドコーチ(HC)で15年大会で日本を率いた名将エディ・ジョーンズ氏はスコットランドに対して「責めるべきは自分たち」と毅然と主張している。

【PR】ラグビーW杯は連日熱戦展開中! 悲願の8強入り! 日本、決勝T進出!! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

「ラグビーW杯 台風で敗退した場合、スコットランドが批判されるべき」のタイトルで特集したのは英公共放送「BBC」だった。日本とイングランドを知るオーストラリア人の名将は、スコットランドに対して毅然とした態度を示している。

「ここでは台風のシーズンなのだから、それに向けた準備をしておくべきだ。この事態を迎える可能性については我々の頭の中にあった。だからこそ、自分たちの試合の勝ち点を計算しておくべきだ。この事態が起きた時に、正しい立場に自分たちを置くために」

 ジョーンズ氏はこう語ったという。百戦錬磨の名将はフランスとのC組頂上決戦が台風で中止となったが、それまでの3戦全勝でマックスの勝ち点15を積み上げ、首位の座を確保。最終戦の運命を自然現象に託すことなく、泰然自若を貫いている。

 一方、スコットランドはA組で勝ち点10で現在3位。3戦全勝の首位日本は勝ち点14。2勝のアイルランドは勝ち点11、スコットランドは同じく2勝ながらも、ボーナスポイント差で苦境に立たされている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集