[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

史上最速ハットトリックは“遺伝子”のおかげ? 南アフリカSHレーナック「実は父も…」

8日にカナダを相手に66-7と圧勝した南アフリカ。B組でいち早く決勝トーナメント進出を決めたスプリングボクスの勝利に花を添えたのが、SHレーナックが樹立したW杯史上最速、開始20分でのハットトリック達成だった。

ハットトリックを達成したレーナック【写真:荒川祐史】
ハットトリックを達成したレーナック【写真:荒川祐史】

偉業達成にも謙虚「うれしいけど、ただいいラグビーをしたいだけ」

 8日のラグビーワールドカップ(W杯)カナダ戦で66-7と圧勝した南アフリカ。B組でいち早く決勝トーナメント進出を決めたスプリングボクスの勝利に花を添えたのが、SHレーナックが樹立したW杯史上最速、開始20分でのハットトリック達成だった。

【PR】ラグビーW杯日本大会は大激戦の末、南アフリカが優勝! 日本は悲願のベスト8…感動と興奮をありがとう! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 この日、先発出場したレーナックは、キックオフ直後から軽快な球出しで、チームの攻撃の流れを作った。南アフリカは2分と5分にトライを決めて12-0とリード。そして、圧巻のレーナック劇場が幕を開けたのは9分だった。

 自陣でボールを受けたレーナックは約30メートルを走ると、前方から迫る敵ディフェンスの頭上を越えるショートパント。快足を飛ばして自らキャッチすると、そのままゴールラインを目掛けて一直線。約60メートルの独走トライを決めた。さらに、17分には敵陣ゴール前のラックからBKに展開するかとみせかけて左サイドから飛び込み、トライ。20分にも自陣からBK陣でボールをつないで、最後にゴールポスト下へトライを決め、見事ハットトリックを成功させた。

 それまでハットトリックの最短記録だった、2003年のクリス・レイサム(オーストラリア)を抜いて新記録を樹立。だが「3トライ目を決めた時は、そんな記録は知らなくて、試合が終わった後で知ったんだ。うれしいけど、ただいいラグビーをしたいだけ」とクールに決めた。

 それでも、3トライを決めてチームのベスト8入りに貢献できたことはうれしい。「W杯では、誰が対戦相手でも試合に臨む心掛けは変わらない。トライできるのはうれしいこと。今日の3トライは、これまでのキャリアで最大のハイライト」と喜んだ。

 自分の強みは「俊足」と自負する。快足にさらに磨きをかけるため「スピードトレーニングは欠かさない」というが、「実は父も足が速かったんだ。遺伝的な要素も強いかもしれない」と、親から受け継いだDNAにも感謝した。

 南アフリカには不動のSHデクラークがいるが、大事な決勝トーナメントを前に大いなる自己アピールに成功したと言えそうだ。

(THE ANSWER編集部・佐藤 直子 / Naoko Sato)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集