[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

世界の記者が釜石復興に感動 震災から8年、見違える光景に「悲しい歴史があるが…」

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は25日、大会6日目を迎え、岩手・釜石鵜住居復興スタジアムでは世界ランク19位のウルグアイが同10位のフィジーを30-27で下し、2003年以来16年ぶりとなるW杯白星を飾った。2011年の東日本大震災で被災した釜石でのW杯初戦。

大会6日目、岩手・釜石鵜住居復興スタジアムでウルグアイ-フィジー戦が行われた【写真:石倉愛子】
大会6日目、岩手・釜石鵜住居復興スタジアムでウルグアイ-フィジー戦が行われた【写真:石倉愛子】

被災地の釜石でW杯初戦、海外の報道陣も感動「今は再建している」

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は25日、大会6日目を迎え、岩手・釜石鵜住居復興スタジアムでは世界ランク19位のウルグアイが同10位のフィジーを30-27で下し、2003年以来16年ぶりとなるW杯白星を飾った。2011年の東日本大震災で被災した釜石でのW杯初戦。甚大な被害を受けた地が復興した姿を届け、世界の記者から「悲しい歴史があるが、素晴らしい場所」「輝かしい復興を遂げた」と称賛を集めている。

【PR】ラグビーW杯日本大会は大激戦の末、南アフリカが優勝! 日本は悲願のベスト8…感動と興奮をありがとう! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 ウルグアイが番狂わせを演じたフィールド。青い空に白い雲、緑の芝生が鮮やかに映える。ラガーマンたちは激しくぶつかり合った。勝利を手にした者たちは涙を流し、スタンドのファンとともに喜びを爆発。新日鉄釜石の全盛期を思わせる大漁旗がスタンドにたなびき、日本ファンも熱く盛り上がった。

 鵜住居地区は釜石市の中でも最も被害が大きかった地区の一つ。国歌斉唱の前には東日本大震災の犠牲者に向け、訪れた国内外のファンが全員で黙祷を捧げた。ゴール裏のスタンドを埋める地元の小中学生の大声援もあった。ラグビーの街・釜石に鳴り響いた1万4025人の大歓声。目に映るもの全てが、8年前には想像もできなかった光景だ。

 震災直後、鵜住居復興スタジアムの建つ地域は瓦礫の山だった。開催12都市の中で唯一新設されたスタジアム。この日の美しい姿に海外の記者たちも感動している。元プロラグビー選手で、英公共放送「BBC」の「ワールドニュース」で司会を務めるタルセン・トレット氏は「なんと素晴らしい会場。悲しい歴史があるが、素晴らしい場所。今は再建している」と自身のツイッターに投稿。美しい街に感激した様子の動画付きでリポートした。

 米格闘技メディア「Combate Americas」のコメンテーター、マキシミリアーノ・ブレトス氏は「2011年、日本のカマイシは地震と津波の被害を受けた。今日、輝かしい復興を遂げ、ラグビーW杯を主催する」。スタジアムの美しい緑の映った画面の写真をツイッターに投稿し、試合に注目したようだった。

 英紙「テレグラフ」のギャビン・メアーズ記者は「もしW杯中にこの記事を読んでいるなら……。津波が1000以上の命を奪った8年後、カマイシがラグビーW杯到着へ準備」と、震災から試合開催までの歩みを紹介した記事とともに感想をツイッターに記した。

 日本選手権を7連覇した新日鉄釜石が本拠を置いたラグビーの街・釜石。まだ完全に復興が終えたとは言えないのかもしれないが、ラグビーW杯が開催されることは地域に大きな勇気とパワーを与えた。その歩みは世界の人々からも感動を呼んでいるようだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集