[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

釜石で歴史的勝利のウルグアイ、HCは感激止まらず「4年間の成果」「大きな一歩」

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は25日、大会6日目を迎え、岩手・釜石鵜住居復興スタジアムではウルグアイがフィジーを30-27で下し、2003年以来16年ぶりとなるW杯白星を飾った。試合後、エステバン・メネセス・ヘッドコーチ(HC)はがっちりと掴んだ勝利に「今日の勝利は4年間の成果。正しい方向に進んできたと証明された。我々は大きな一歩を踏み出した」と感激を隠さなかった。

ウルグアイがフィジーを30-27で下す【写真:石倉愛子】
ウルグアイがフィジーを30-27で下す【写真:石倉愛子】

プロアマ混成チームでの大勝利に笑顔「我々はみんながプロ精神を持って戦っている」

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は25日、大会6日目を迎え、岩手・釜石鵜住居復興スタジアムではウルグアイがフィジーを30-27で下し、2003年以来16年ぶりとなるW杯白星を飾った。試合後、エステバン・メネセス・ヘッドコーチ(HC)はがっちりと掴んだ勝利に「今日の勝利は4年間の成果。正しい方向に進んできたと証明された。我々は大きな一歩を踏み出した」と感激を隠さなかった。

【PR】ラグビーW杯日本大会は大激戦の末、南アフリカが優勝! 日本は悲願のベスト8…感動と興奮をありがとう! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 世界ランク19位のウルグアイに対して、同10位のフィジーは明らかに格上と見られていた。この日まで両国は4度対戦し、ウルグアイの4戦全敗。最近では昨年11月のテストマッチで7-68と叩きのめされていた。だが、この敗北からしっかり学んだウルグアイは「ボールを持っている時と持っていない時とで、フィジーは全く別のチームになる。まずはボール支配率を高め、自分たちのリズムで攻める作戦で試合に臨んだ」とメネセスHCは明かす。

 作戦をしっかりと遂行するウルグアイは、オフロードパスでのパスミスなど粗さが目立ったフィジーを攻め立て、前半で3トライを記録。後半はトライこそなかったが、ペナルティーゴールを3つ決めて得点を伸ばし、大金星とも言える勝利を手にした。

 世界のラグビーではプロ化が進むが、ウルグアイ代表は海外でプレーする14人の選手と国内選手を合わせても、プロ選手は20人ほど。アマチュア選手も多く含むが、メネセスHCは「プロとはお金をもらってラグビーをするかしないかの問題ではない。ラグビーにどれだけ献身できるかというメンタルの問題。我々はみんながプロ精神を持って戦っている。その点はティア1の選手に引けを取ることはない」と胸を張った。

 次戦は中3日で29日に難敵ジョージアと対戦する。「今大会ではフィジーとジョージアに勝つことを目標に準備を進めてきた」というウルグアイ。まずはフィジーを破って第一関門を突破。重量FWを誇るジョージアを相手に、中3日と準備期間は短いが、この勢いのまま第二関門も突破といきたい。

(THE ANSWER編集部・佐藤 直子 / Naoko Sato)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集