[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

オールブラックス、“Wリーダー”の特別仕様ハカを演じたワケ「選手で決めました」

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は21日、B組で3連覇を狙うニュージーランドが優勝2度を誇る南アフリカを23-13で下し、白星発進。V候補同士の一戦に6万6349人が酔いしれたが、試合前にインパクトを与えたのが、伝統の戦いの儀式「ハカ」だった。今回は限られた試合でしか行わない特別仕様の「カパオパンゴ」。しかも、2人がリード役を務めるスペシャルバージョンだったが、キアラン・リード主将が試合後にその理由を明かした。

特別仕様ハカを演じたオールブラックス【写真:荒川祐史】
特別仕様ハカを演じたオールブラックス【写真:荒川祐史】

リード役が2人のスペシャルバージョンに横浜熱狂

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は21日、B組で3連覇を狙うニュージーランドが優勝2度を誇る南アフリカを23-13で下し、白星発進。V候補同士の一戦に6万6349人が酔いしれたが、試合前にインパクトを与えたのが、伝統の戦いの儀式「ハカ」だった。今回は限られた試合でしか行わない特別仕様の「カパオパンゴ」。しかも、2人がリード役を務めるスペシャルバージョンだったが、キアラン・リード主将が試合後にその理由を明かした。

【PR】ラグビーW杯は連日熱戦展開中! 悲願の8強入り! 日本、決勝T進出!! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 この瞬間、世界の視線が横浜のピッチに注がれた。オールブラックスの面々が隊列を組み、肩を組んで横一列になった南アフリカと対峙する。緊張感が覆った横浜国際スタジアム。リード主将が掛け声を上げると、声を上げ、腕を叩き、一気に心を掴んだ。

 もう一人のリード役、先住民の血を引くペレナラが雄叫びを上げるように続く。独特の地を踏むリズムを刻み、ド迫力の舞いを披露した。途中からはリード主将が隊列の合間を縫って前に出てくる特別な演出も。いつもとは違う、W杯日本大会バージョンの「ハカ」でスタジアムを開始前から、異様な雰囲気に巻き込んだ。

 勝利の記者会見で、リード主将は“ダブルリーダー”の特別仕様ハカについて、「リーダーとして何ができるか話していた。試合が始まっても2人で引っ張ると思っていたので、2人でやりました。ハカは非常に大事です。ですので、2人でやろうと思っていたので、選手同士で決めて2人でリードしていきました」と説明を加えた。

 まずは快勝でスタートしたオールブラックス。試合はもちろん、試合前のハカにもどんなバリエーションをつけてくるのかも必見だ。

(THE ANSWER編集部・角野 敬介 / Keisuke Sumino)

「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集