[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「死のC組」が大接戦で幕開け フランスがアルゼンチンをシーソーゲームで2点差撃破

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は21日、大会2日目を迎え、プールCの初戦となるフランス対アルゼンチン(東京スタジアム)が行われた。実力が拮抗する5チームが集まり、“死の組”とも呼ばれるプールC。世界ランク8位のフランスが同11位のアルゼンチンを23-21で破り、貴重な1勝を挙げた。

フランスが2点差でアルゼンチンを下した【写真:石倉愛子】
フランスが2点差でアルゼンチンを下した【写真:石倉愛子】

フランスは逆転された直後にロペスのドロップゴールで再逆転

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は21日、大会2日目を迎え、プールCの初戦となるフランス対アルゼンチン(東京スタジアム)が行われた。実力が拮抗する5チームが集まり、“死の組”とも呼ばれるプールC。世界ランク8位のフランスが同11位のアルゼンチンを23-21で破り、貴重な1勝を挙げた。

【PR】ラグビーW杯日本大会は大激戦の末、南アフリカが優勝! 日本は悲願のベスト8…感動と興奮をありがとう! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 拮抗した試合展開となった。重量FWを誇るアルゼンチンに対し、華麗なハンドリングで確実にボールをつなぐフランス。前半はアルゼンチンがフランスの攻撃の芽を摘み、なかなか流れを掴ませず。14分に敵陣手前からのペナルティーゴールを決め、3点を先制した。

 フランスは序盤にミスが重なったが、17分に若き斬り込み隊長、22歳のWTBプノーが攻め込んで作ったラックから左へ展開。CTBヴァカタワが相手ディフェンスを2人引きつけながら、CTBフィクーヘのパスを通して逆転トライ。コンバージョンも決まり、7-3とした。

 一度流れを掴んだフランスBK陣は、今度は21分にFBメダールからプノー、デュポンと繋いでゴール右にトライ。アルゼンチンに何度もゴール前まで攻め込まれるが何とか凌ぎ、29分と40分にペナルティーゴールを決め、20-3で前半を終えた。

 後半は開始早々、アルゼンチンが主導権を握る。42分に敵陣ゴール前のラインアウトからモールを押し込んでLOペティがトライ。コンバージョンも決め、7点を加えた。アルゼンチンはこの後もフランス陣内での攻撃を展開。すると、今度は53分に再び敵陣ゴール手前でのラインアウトからモールで押し込み、途中出場のモントヤがトライを決め、5点差とした。

 後半に入って防御の壁をさらに厚くしたアルゼンチンは、フランスのBK陣に仕事をさせず。着実にゲインしながら好機を演出。60分には敵陣ゴール前の中央からペナルティーゴールを決めて2点差とすると、68分にもペナルティーゴールを決めて、ついに21-20と逆転に成功する。

 だが、フランスもただでは終わらない。直後のキックオフからアルゼンチン陣内に攻め込むと、ロペスが華麗なドロップゴールを決めて再逆転。両者一歩も譲らぬ白熱した試合展開に、4万4004人の観客から絶えず大歓声が沸き上がった。

 試合終了間際には互いにペナルティーゴールを失敗。フランスが2点リードをなんとか死守して、白星スタートとした。

(THE ANSWER編集部)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集