[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本がロシアに30-10で快勝発進で勝ち点5獲得 松島が日本史上初”ハットトリック”

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会が20日に東京スタジアムで開幕。日本は開幕戦をロシアと戦い、30-10で白星発進とした。前半はロシアに先制トライを許す苦しい立ち上がりとなったが、終了直前に松島がこの日2つ目のトライで逆転。田村がコンバージョンを決めて12-7で折り返すと、後半は日本が主導権を握る展開で勝利を掴み取った。WTB松島は3トライをあげ、史上初のハットトリックを達成。日本は計4トライでボーナスポイント1も含め、勝ち点5を獲得した。

初戦を勝利で飾ったラグビー日本代表【写真:Getty Images】
初戦を勝利で飾ったラグビー日本代表【写真:Getty Images】

ロシアに先制トライを許すも前半終了間際に逆転、後半にリード広げる

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会が20日に東京スタジアムで開幕。日本は開幕戦をロシアと戦い、30-10で白星発進とした。前半はロシアに先制トライを許す苦しい立ち上がりとなったが、終了直前に松島がこの日2つ目のトライで逆転。田村がコンバージョンを決めて12-7で折り返すと、後半は日本が主導権を握る展開で勝利を掴み取った。WTB松島は3トライをあげ、史上初のハットトリックを達成。日本は計4トライでボーナスポイント1も含め、勝ち点5を獲得した。

【PR】ラグビーW杯日本大会は大激戦の末、南アフリカが優勝! 日本は悲願のベスト8…感動と興奮をありがとう! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 前半の立ち上がりに苦しんだ日本は、4分にFBトゥポウのハイパント処理ミスから、ロシアのWTBゴロスニツキーに先制トライを許す。日本はその後もロシアのキック攻撃に苦しんだが、11分にWTB松島がゴール右にトライ。松島は34分にもゴール右隅にトライを試みたが、TMO(ビデオ判定)でノックオンと見なされ、ノートライとなった。だが、前半終了間際の38分に、中央から右に展開する攻撃で田村、中村とつないで、松島が今度は正真正銘の逆転トライ。田村もコンバージョンを決め、12-7で前半を終えた。

 後半は開始早々から日本が攻め込む展開。43分に敵陣中央から田村がペナルティーゴールを決めてリードを広げる。すると、その3分後、ロシアの攻撃をタックルで止めに入ったFLラブスカフニがそのままボールを奪い取り、センターライン付近から独走トライ。田村のコンバージョンは外れたが、20-7とした。

 後半開始10分過ぎからは、スクラムがロシアに押されたり、ラインアウトが乱れたり、日本は自陣ゴール手前での防戦を強いられる展開に。60分には日本がノットロールアウェーの反則を犯し、ロシアにペナルティーゴールを決められて20-10とされた。

 ここで日本はLOトンプソン、SH田中のベテラン2選手を投入。直後に田村が敵陣10メートル付近からのペナルティーゴールを決めて23-10とし、試合の流れを受け渡さなかった。その後、日本はロシアのキックから速攻を仕掛け、途中出場のSO松田からのパスを受けた松島がゴール右にこの日3つ目のトライを決めて日本史上初の“ハットトリック”達成。松田のコンバージョンも決まり、30-10とリードを広げた。

 試合後にインタビューに答えた松島は「個人的には有言実行できてよかった。チーム的には60分間くるしんだので、そこを修正してやっていきたい」と振り返り、ファンの歓声に応えていた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集