[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

代表98キャップの”鉄人”大野均が今、明かす 4年前、南アフリカに勝てた本当の理由

毎週水曜日の連載「楕円の軌跡―レジェンド・トーク2019」。第2回は歴戦の強者――。そんな呼び方がいいのだろうか。日本ラグビーを10年以上に渡り牽引し続けてきたLO大野均(東芝)が、自らもメンバー入りをめざしてきたジェイミー・ジャパンへの思いを語ってくれた。歴代最多の日本代表98キャップを積み上げ、過去3度のワールドカップに出場。いまも現役で戦う日本ラグビーの苦境も、快挙も肌で感じてきた41歳の鉄人が、桜の勇者たちに熱いエールを贈る。

代表98キャップの“鉄人”大野均が桜の勇者たちに熱いエール【写真:Getty Images】
代表98キャップの“鉄人”大野均が桜の勇者たちに熱いエール【写真:Getty Images】

ラグビーW杯開幕まで93日、連載「楕円の軌跡―レジェンド・トーク2019」第2回

 ラグビーワールドカップ日本大会は9月20日にキックオフを迎える。サンケイスポーツで20年以上にわたり楕円球を追い続けたラグビーライター吉田宏氏が、日本ラグビーを支えてきたレジェンドたちの日本代表、ワールドカップ成功への熱い思い、そして提言を綴る、毎週水曜日の連載「楕円の軌跡―レジェンド・トーク2019」。

【PR】ラグビーW杯日本大会は大激戦の末、南アフリカが優勝! 日本は悲願のベスト8…感動と興奮をありがとう! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 第2回は歴戦の強者――。そんな呼び方がいいのだろうか。日本ラグビーを10年以上に渡り牽引し続けてきたLO大野均(東芝)が、自らもメンバー入りをめざしてきたジェイミー・ジャパンへの思いを語ってくれた。歴代最多の日本代表98キャップを積み上げ、過去3度のワールドカップに出場。いまも現役で戦う日本ラグビーの苦境も、快挙も肌で感じてきた41歳の鉄人が、桜の勇者たちに熱いエールを贈る。

 ◇ ◇ ◇

 98試合のテストマッチを戦ってきた大野だが、いまの日本代表は4年前のチームを上回ると確信している。

「着実に力をつけているのを感じます。いままでの代表って、ワールドカップへ向けてチームを作り、終われば、また新しいチームを一から作り直すというサイクルだった。でも、いまは2015年のチームから継続的に強化を積み上げていると思います。昨年11月のオールブラックス戦、イングランド戦をみても、強豪相手でもトライを取りきれる力はあります。トップクラスの相手でも20点取れる実力はつけているから、防御で20点以下に抑えることができるかが勝負になると思います。あとは、どう戦うかを全員が意思統一して、80分間やり続けることができるかですね」

 大野も中心メンバーだった4年前の日本代表は、エディー・ジョーンズ・ヘッドコーチ(HC)のもとで、宮崎合宿で“ヘッドスタート”と呼ばれる早朝5時、6時からのジムワークから1日4部、5部練習と猛練習を続けて、ワールドカップ・イングランド大会で3勝を挙げるまでに成長した。ジョーンズHCからバトンを受けたジェイミー・ジョセフHCのもとでも、2017年6月の合宿まで代表に選ばれていた大野は、チームの進化を、こう評価する。

「4年前は宮崎に缶詰めにされて、エディーさんがわざと選手にストレスがかかるような練習をしていた。作られて鍛えられたという感覚でしたね。でも、いまのチームは、試合でいいプレッシャーやストレスを体感しながら強化が進んでいる。去年は、オールブラックス相手に5トライを取って、イングランド代表相手に前半は勝って折り返したり、いままでは考えられなかった戦いぶりをみせています。

 この進化は、それこそ15年ワールドカップ後の16年の秋から見れました。あのときウェールズを3点差まで追い詰めたり、翌年はフランスと引き分けた。勝てはしてないけど、強豪国としっかり戦えている。2015年に向かう自分たちと似ているけど、いまの日本代表はハードワークしている上で、さらに自信もつけている。めざすところは一緒ですけど、鍛えられている過程が違いますね」

1 2 3 4 5

吉田 宏

サンケイスポーツ紙で1995年からラグビー担当となり、担当記者1人の時代も含めて20年以上に渡り365日欠かさずラグビー情報を掲載し続けた。W杯は1999、2003、07、11、15年と5大会連続で取材。1996年アトランタ五輪でのサッカー日本代表のブラジル撃破と2015年ラグビーW杯の南アフリカ戦勝利という、歴史に残る番狂わせ2試合を現場記者として取材。2019年4月から、フリーランスのラグビーライターとして取材を続けている。長い担当記者として培った人脈や情報網を生かし、向井昭吾、ジョン・カーワン、エディー・ジョーンズら歴代の日本代表指導者人事などをスクープ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集