[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

伝説ハンドのFWスアレス、因縁ガーナ戦へ謝罪する気なし「PK失敗は俺の責任じゃない」

サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)は2日(日本時間3日)、H組のウルグアイが決勝トーナメント(T)進出を懸けてガーナと対戦する。前日会見に出席した同国FWルイス・スアレスは、2010年南アフリカ大会準々決勝の同カードでの退場劇について質問を受け、「PKを失敗したのは俺じゃない」と謝罪の意思はないと断言した。

前日会見に出席したFWルイス・スアレス【写真:ロイター】
前日会見に出席したFWルイス・スアレス【写真:ロイター】

カタールW杯、2日にガーナ―ウルグアイ戦

 サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)は2日(日本時間3日)、H組のウルグアイが決勝トーナメント(T)進出を懸けてガーナと対戦する。前日会見に出席した同国FWルイス・スアレスは、2010年南アフリカ大会準々決勝の同カードでの退場劇について質問を受け、「PKを失敗したのは俺じゃない」と謝罪の意思はないと断言した。

【特集】初代金メダリストが次世代に繋ぐサポートの輪「夢を持ってくれたら」 / スケートボード・堀米雄斗選手インタビュー(GROWINGへ)

 南アフリカ大会準々決勝、1-1で迎えた延長後半アディショナルタイム。ガーナ選手がゴール至近距離から放ったヘディングを、ゴールライン付近にいたスアレスがハンドで阻止した。主審はガーナにPKを与えるとともにスアレスは退場。しかし、アサモア・ギャンが蹴ったボールはポストに直撃し、勝ち越しならず。結局、PK戦を制したウルグアイが準決勝に駒を進めた。

 12年の時を経て、W杯の舞台で再び対戦する両国。ケニア紙「ザ・スター」などに寄稿するジャーナリストのエリック・エヌジル氏は、前日会見の様子をツイッターでレポート。海外記者から、当時の退場劇について質問が飛んだことを伝えると、スアレスの返答を動画で公開。「PKを失敗したのは俺じゃない」とガーナに対し、謝罪するつもりはないと断言していた。

「もし選手を怪我させて退場したのなら謝罪するかもしれない。でも、あの状況では、自分はレッドカードを提示され、審判はPKを与えた。俺はPKを失敗していないんだ。(敗退は)俺のせいじゃない。PKに失敗した選手のコメントを聞いた? 同じ状況なら彼も同じことをすると言っていたよ。PKを蹴るのは俺の責任じゃないだろ?」

 H組では、現在勝ち点6で首位のポルトガルが、すでに決勝T進出を決めている。残る一つの椅子は、勝ち点3のガーナ、同1で同日にポルトガルと対戦する韓国、同1のウルグアイの3か国が争う。噛みつき事件など伝説のシーンを残してきたスアレスは、因縁のある相手に対して輝けるか。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集