[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「最初からかわれたアサノが最後は笑った」 浅野拓磨の痛快V弾に海外記者も絶賛の嵐

サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)は23日、グループリーグで日本―ドイツ戦が行われ、日本は2-1で勝利。格上の強豪を相手に、衝撃の逆転劇を演じた。1点を追う後半、途中出場の堂安律、浅野拓磨が続けて得点。特に決勝弾を記録した浅野については海外記者からも「最初はからかわれたアサノが最後は笑った」と絶賛の嵐となった。

決勝ゴールを決めて吠える浅野拓磨【写真:ロイター】
決勝ゴールを決めて吠える浅野拓磨【写真:ロイター】

カタールW杯、後半38分に決勝弾

 サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)は23日、グループリーグで日本―ドイツ戦が行われ、日本は2-1で勝利。格上の強豪を相手に、衝撃の逆転劇を演じた。1点を追う後半、途中出場の堂安律、浅野拓磨が続けて得点。特に決勝弾を記録した浅野については海外記者からも「最初はからかわれたアサノが最後は笑った」と絶賛の嵐となった。

 世界に衝撃を走らせたのは1-1で迎えた後半38分。自陣からのFKから板倉がロングボールを送ると、裏に抜け出した浅野が加速した。ペナルティエリア右まで運び、角度のないところからシュート。これがニアサイドに決まり、逆転に成功した。7分のアディショナルタイムも守り切り、大金星となった。ツイッター上では、続々と海外記者から喝采が上がった。

 直前に裏に抜け出した際に競り合ったドイツDFから小馬鹿にするようなアクションをされており、英ラジオ局「トークスポーツ」は「最初はからかわれたアサノが最後は笑った」と痛快な決勝弾を称えた。

 米スポーツ専門局「CBSスポーツ」のベン・ジェイコブズ記者も「タクマ・アサノによる最高のフィニッシュ。彼はドイツでプレーしている。もう1つの大番狂わせだ」と称賛。米スポーツ専門局「NBCスポーツ」のジョー・プリンスライト記者は「ロングボールをアサノが叩き込む。見事なコントロールだった。でもドイツは何をしてた?」と振り返った。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集