[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

W杯開幕戦、カタール観客の早すぎる“撤退ぶり”に英紙注目「満員のように見えたが…」

サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)は20日(日本時間21日)に開幕戦が行われ、開催国カタールはエクアドルに0-2で敗戦。開催国が初戦で黒星を喫したのはW杯史上初となった。試合内容で圧倒された形だが、海外メディアはサポーターが早々に見せた“諦めムード”を指摘していた。

エクアドルが2-0でカタールに勝利…スタジアムには空席も【写真:ロイター』
エクアドルが2-0でカタールに勝利…スタジアムには空席も【写真:ロイター』

開幕戦で開催国カタールは黒星

 サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)は20日(日本時間21日)に開幕戦が行われ、開催国カタールはエクアドルに0-2で敗戦。開催国が初戦で黒星を喫したのはW杯史上初となった。試合内容で圧倒された形だが、海外メディアはサポーターが早々に見せた“諦めムード”を指摘していた。

 開幕戦、途中から地元ファンの姿が消えていった。エクアドルに2点リードを許して迎えた後半。時間の経過とともに、劣勢のカタールファンは客席を立つ数が増え、スタンドは次第に空席が目立ち始めた。スタジアムにはエクアドルサポーターの声が響く。W杯史上初の「開催国初戦黒星」という記録は寂しさとともに生まれた。

 英紙「メトロ」は「アルバイト・スタジアムでのカタール―エクアドルのW杯開幕戦中に何千という空席が」との見出しで記事を掲載。「モーガン・フリーマンやジョングクが出演した見事な開会式でトーナメントは幕を開けたが、ピッチ上ではカタールは本拠地のサポーターを興奮させることができなかった。ハーフタイム休憩中に数多くのサポーターが席を立ったが、後半になってもかなりの数は戻って来ず、スタジアム中に空席の巨大なエリアが広がって、その不在が目立った」と記した。

 同紙は2人のレジェンドストライカーの話も紹介。スタジアム内でBBCの生中継を担当していた元イングランド代表FWゲーリー・リネカー氏は「試合開始時点では満員のように見えました」「そしてハーフタイムにはすぐに『かなりの空席』という状態です。(後半には)用事を済ませて帰ってくると思っていましたが」とコメント。また、元同代表FWアラン・シアラー氏も「試合が始まって1時間、かなりの数が会場を後にしています。スタジアムに戻ってきませんでした。試合前の数には明らかに及びません」と伝えたという。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集