[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本の敗戦、W杯同組スペイン紙が「弱点」指摘「島国のチームを痛めつけること可能」

サッカー日本代表は17日、アラブ首長国連邦(UAE)のドバイで20日(日本時間21日)開幕のカタール・ワールドカップ(W杯)前最後の国際親善試合に臨み、カナダ代表に1-2の逆転負けを喫した。日本と同じE組のスペイン紙は「島国のチーム(日本)を痛めつけることができるかもしれない」と報じた。

日本代表は国際親善試合でカナダ代表と対戦。1-2の逆転負けを喫した【写真:Getty Images】
日本代表は国際親善試合でカナダ代表と対戦。1-2の逆転負けを喫した【写真:Getty Images】

20日開幕サッカーW杯

 サッカー日本代表は17日、アラブ首長国連邦(UAE)のドバイで20日(日本時間21日)開幕のカタール・ワールドカップ(W杯)前最後の国際親善試合に臨み、カナダ代表に1-2の逆転負けを喫した。日本と同じE組のスペイン紙は「島国のチーム(日本)を痛めつけることができるかもしれない」と報じた。

 日本は前半9分、MF相馬勇紀がMF柴崎岳からの浮き球パスに反応。右足で合わせ、先制ゴールを奪った。しかし、前半21分に右CKからゴール正面でDFスティーブン・ビトリアに合わせられ、同点に追いつかれた。後半アディショナルタイムにPKを献上。土壇場で逆転負けとなった。

 日本は23日にドイツ戦、27日にコスタリカ戦、12月2日にスペイン戦を控える。スペインメディアも日本のテストマッチを報じた。地元紙「マルカ」は「カナダがスペインに道を示す」の見出しで記事を掲載。ラミロ・アルドゥナテ記者は「日本は、テクニカルな選手とともに、上手でスピーディーなボール扱いと共に、近年のプランをキープ」と代表のプレーを表現した上で「弱点」を指摘した。

「不足点について、日本人選手はセットプレーを守る時にその弱さを見せ、とりわけ、CKに弱い。それを突いて、ビトリアが決めた同点ゴールが生まれた。スペインは、カナダ人選手のような体はないかもしれないが、そのあたりで島国のチーム(日本)を痛めつけることができるかもしれない」

 地元紙「アス」も「日本、カナダにクラッシュ」と報道。ホルヘ・ガルシア・エルナンデス記者は「カナダはダイレクトサッカーのみで日本を脅したが、それだけで十分だった」と表現した一方、「キレのある柴崎が現れたことが、ドラマチックな終わり方をした試合において、代表でほぼ一番よかった点だった」と称えた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集