[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

吠えた大谷翔平、TVと別角度で映る“この日一番の瞬間”に反響「ゲーム宣伝に使える」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は19日(日本時間20日)、本拠地アスレチックス戦に「2番・投手」で先発出場。10勝目こそ逃したものの、8回5安打2失点10奪三振の好投を見せた。8回は満塁のピンチを切り抜けてガッツポーズ。咆哮した瞬間を一塁側から撮影した映像をMLBが公開すると、米ファンからは「この情熱大好き」「ゲームの宣伝に使える」などと興奮の声が集まっている。

10勝目はならなかったが、8回5安打2失点10奪三振と好投した大谷翔平【写真:AP】
10勝目はならなかったが、8回5安打2失点10奪三振と好投した大谷翔平【写真:AP】

10勝目を逃すも好投、108球目の投球映像をMLBが公開

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は19日(日本時間20日)、本拠地アスレチックス戦に「2番・投手」で先発出場。10勝目こそ逃したものの、8回5安打2失点10奪三振の好投を見せた。8回は満塁のピンチを切り抜けてガッツポーズ。咆哮した瞬間を一塁側から撮影した映像をMLBが公開すると、米ファンからは「この情熱大好き」「ゲームの宣伝に使える」などと興奮の声が集まっている。

【注目】インターハイ2021「できっこないを、やる夏だ。」 インターハイ応援プロジェクト特設サイトはこちらから

 ピンチを凌ぎ、吠えた。8回2死満塁。マウンド上の大谷が打者を追い込むと、本拠地エンゼルスタジアムは「MVP」コールが鳴り響いた。セットポジションからこの日108球目を投じる。三振だ。大谷は右拳を突き上げ、大きく口を開いてガッツポーズ。回転するようにしてもう一度握り拳を作り、立ち上がった観客の拍手を受けてベンチへ戻っていった。

 大谷の投球ではこの日一番の盛り上がりとなった瞬間。一塁側から撮影した映像を、MLB公式ツイッターが公開。文面には「エンゼルスファンはショウヘイ・オオタニに向けて3文字の言葉(MVP)を発した」とつづった。

 米ファンから「TVゲームの宣伝映像に使える」「素晴らしい奪三振だった」「もう人々は分かっているな」「プレーオフのようだった」「MVP」「投票しなくても確定」「この情熱が大好きだ」「今日もうトロフィーあげちゃって」などと反響が寄せられている。

 この日は味方の援護がなく10勝目はつかなかったものの、9回に同点となったため負けも消えた。試合は延長の末2-3でエンゼルスが敗戦。大谷は打撃では2打数無安打2四球で、本塁打王争いでは1位のゲレーロJr.(ブルージェイズ・46本)に2本差3位のままとなっている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集