[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

松山英樹に敗れた2位トリンゲール 日本で見せたサービス精神に「素晴らしい人柄」の声

米男子ゴルフツアー日本開催大会のZOZOチャンピオンシップ最終ラウンド(R)が24日、千葉・アコーディア習志野CC(パー70、7041ヤード)で行われ、松山英樹(LEXUS)が通算15アンダーで優勝を飾った。一時はリードしながら5打差2位に終わったキャメロン・トリンゲール(米国)は、ギャラリーの拍手にサービス精神旺盛なリアクションで応え続けた。

ZOZOチャンピオンシップでマスターズ以来の米7勝目をあげ、ガッツポーズする松山英樹【写真:AP】
ZOZOチャンピオンシップでマスターズ以来の米7勝目をあげ、ガッツポーズする松山英樹【写真:AP】

米男子ゴルフツアー・ZOZOチャンピオンシップ最終R

 米男子ゴルフツアー日本開催大会のZOZOチャンピオンシップ最終ラウンド(R)が24日、千葉・アコーディア習志野CC(パー70、7041ヤード)で行われ、松山英樹(LEXUS)が通算15アンダーで優勝を飾った。一時はリードしながら5打差2位に終わったキャメロン・トリンゲール(米国)は、ギャラリーの拍手にサービス精神旺盛なリアクションで応え続けた。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 松山に2打差で迎えた最終18番パー5。トリンゲールは2オンを狙ったショットを大きく右に曲げた。3打目は横に出すだけで、4オン2パットのボギー。ツアー初勝利は逃したが、スッキリした笑顔で拍手に応えた。

「リスクを取らないといけなかったが、残念ながらうまくいかなかった。ただ、16番まではとても良いプレーができたよ」

 松山と1打差の2位スタート。1番パー4からピンチを迎えたが、4メートルのパーパットを沈めた。9、10番で連続バーディーを奪い、一時は松山を1打リードした。しかし、その後は重圧からかパットが打ち切れず、ショットもブレ始めた。

 ただ、その明るさは十分に観客をひきつけた。拍手を受ける度に手を挙げ、サムアップポーズ。ホール間の移動中も手を振り、ティーグラウンドで見つけた子供にボールをプレゼントすると、「サンキュー」と言われて笑顔を見せた。観客からは「素晴らしい人柄、応援したくなる」の声も上がるなど、アウェーの構図を払拭した。

 松山の優勝については「18番で素晴らしいセカンドショットを打ち、(イーグル)パットも決めて、まさにハッピーエンドだったね」と祝福。「日本のファンは彼のことが大好き。彼はとても集中しているし、自分に厳しく、それが良い結果につながったのだと思う」と称賛した。日本でインパクトを残した34歳は、今後もツアー初優勝を目指していく。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集