[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

八村塁、負傷離脱後メディア初対応 痛みは「少しある」、復帰は「一日も早く」

米プロバスケットボール(NBA)のウィザーズ・八村塁が4日(日本時間5日)、12月16日(同17日)のピストンズ戦で右鼠径部打撲による負傷離脱後、初めて報道陣の取材に応じ、怪我の状態と復帰に対する意気込みを語った。

報道陣の取材に応じた八村塁【写真:編集部】
報道陣の取材に応じた八村塁【写真:編集部】

ナゲッツ戦前に対応、時折笑顔も見せる、患部は「だんだん良くなっている」

米プロバスケットボール(NBA)のウィザーズ・八村塁が4日(日本時間5日)、12月16日(同17日)のピストンズ戦で右鼠径部打撲による負傷離脱後、初めて報道陣の取材に応じ、怪我の状態と復帰に対する意気込みを語った。

【特集】5人制元日本代表はなぜ3×3で現役復帰したのか 「バスケ界に恩返しを」 / バスケットボール「3×3」・渡邉拓馬インタビュー(GROWINGへ)

 前日に会場に姿を現し、この日は本拠地ナゲッツ戦の前に報道陣の取材に応じた八村。コートに戻ってきた心境について問われると「チームに戻れて、みんなに会えたのですごく嬉しかった」と笑顔を見せた。チームメートには「どこにいたんだ?」「いなくて寂しかったぞ」などと声をかけられたという。

 患部の状況については「腫れている。(痛みは)少しある」としながら「だんだん良くなっている」と回復傾向にあると明かした。2週間後に検査する予定。「僕としても(復帰時期は)全然わからない。こういう事例もあまり聞かないとのこと。回復も時間がかかるということしか言われていない。ドクター(の判断)にしっかり従いたい」と話すにとどめた。

 故障の原因となったのは、同僚のボンガとのリバウンド時の接触だった。「動画も何回か見たけど、アクシデントだと思う。僕もアクシデントでやってしまうこともある」と擁護。「ボンガも終わった後、テキストしてくれた(連絡をくれた)し、ボンガも辛い思いをしたんじゃないかと思う」と慮った。

 チームは負傷者が続出し、苦戦を強いられている。「チームの状況を見ていても、半分くらいは怪我人。チームに新しい選手も入ってきている。コーチ、トレーナーに聞いても、今までこういう事例になったことはない。僕もその1人になってしまって悔しい」と語った一方で「僕としても早く試合に戻りたい。こういうチーム状況で一日一刻も早く戻ってチームを助けたい」と話した。

(THE ANSWER編集部)

ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集