[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

逸材デービスに続々挑戦状 21歳超新星に“メイウェザー2世”が名乗りも…実現性は?

ボクシングのWBA世界ライト級正規王座決定戦が28日(日本時間29日)に行われ、同級1位の超新星ガーボンタ・デービス(米国)が同級2位ユリオルキス・ガンボア(キューバ)を12回TKO勝ち。スーパーフェザー級に続き、2階級制覇を達成した。デビューからの連勝を23(22KO)に伸ばした逸材には、続々と挑戦状が届いている。米メディアが報じている。

ガーボンタ・デービス【写真:Getty Images】
ガーボンタ・デービス【写真:Getty Images】

ライト級のプロスペクト達がSNSで続々デービスに挑戦状

 ボクシングのWBA世界ライト級正規王座決定戦が28日(日本時間29日)に行われ、同級1位の超新星ガーボンタ・デービス(米国)が同級2位ユリオルキス・ガンボア(キューバ)を12回TKO勝ち。スーパーフェザー級に続き、2階級制覇を達成した。デビューからの連勝を23(22KO)に伸ばした逸材には、続々と挑戦状が届いている。米メディアが報じている。

【PR】川口能活のDAZN(ダゾーン)観戦術 JリーグのGKに期待する「内面の強さ」は映像でわかる

 2回にダッキングで上体をかがめた相手に左フックをお見舞い。先制のダウンを奪うと、8回には左フックで再び豪快にマットに沈めた。しかし、粘るガンボアに苦戦。元フェザー級2団体統一王者に対し、終始優勢に進めながら決め手を欠く展開に。それでも最終12回にラッシュから最後は左アッパーで3度目のダウンを奪った。ガンボアが尻餅をついたところで、レフェリーストップ。デービスが23連勝で2階級を制覇した。

 米専門メディア「ボクシングニュース24」によると、WBAライト級王者に就いたデービスに対して、WBC3位ライアン・ガルシア(米国)とWBC暫定王者で“メイウェザー2世”の呼び声高いデビン・ハニー(米国)のプロスペクト2人がSNSで挑戦を呼び掛けているという。

「21歳のガルシアは向こうっ気が強く、2020年にはハニーとデービスの両者と戦いたいと言っている」と記事では伝え、2人のキャリアとファイトスタイルを紹介している。

「無敗の若き天才ガルシア(19勝無敗16KO)とWBCライト級暫定王者ハニー(24勝無敗15KO)は、海の中で血の匂いをかぎつける2匹のサメのようだ。2人は土曜日、会場のステートファームアリーナで38歳のガンボア(30勝3敗18KO)をKOするのに、想像以上にタフな12Rを要したデービスの姿を目に焼き付けた」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集