[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

国学院久我山が開幕最多8G “有言実行超え”ハット山下貴之、家族に「点取ってくる」

第98回全国高校サッカー選手権が30日に開幕し、駒沢陸上競技場で行われた開幕戦は国学院久我山(東京B)が、前原(沖縄)を8-0で圧倒。FW山下貴之(3年)とFW山本航生(3年)がそろってハットトリックを記録するなど、地元東京の代表校が令和初戦で歴史的な勝利を飾った。開幕戦での8得点は、選手権史上最多ゴール記録となった。

ハットトリックを決めた国学院久我山のFW山下貴之【写真:宮内宏哉】
ハットトリックを決めた国学院久我山のFW山下貴之【写真:宮内宏哉】

FW山本航もハットトリックを記録、開幕戦史上最多ゴール

 第98回全国高校サッカー選手権が30日に開幕し、駒沢陸上競技場で行われた開幕戦は国学院久我山(東京B)が、前原(沖縄)を8-0で圧倒。FW山下貴之(3年)とFW山本航生(3年)がそろってハットトリックを記録するなど、地元東京の代表校が令和初戦で歴史的な勝利を飾った。開幕戦での8得点は、選手権史上最多ゴール記録となった。

 国学院久我山の攻撃力が爆発した。前半開始早々の6分、FW山下が右足で決めた。MFの福井寿俊(3年)のシュートをトラップし、冷静に流し込んだ。「シュートがゴロだったので、とっさにトラップして打った。ラッキーな部分があった」。結果が出たことで固さが取れ、前半11分、後半12分にそれぞれ左足で得点を決めた。開幕戦でのハットトリックは、開幕戦が国立で行われるようになった第78回大会(1999年度)以降では2005年度大会以来2人目の快挙だ。

 東京予選から1ゴールしか記録できていなかったという山下。選手権までの1か月間で、自分のストロングポイントを再確認した。「左足のシュートが自分の武器」。全体練習の後、毎日左足のシュートをひたすら打ち続けた。長所を再認識し、徐々に結果が出る予感が高まった。この日、自分より先に会場に向かう両親を見送る際、自宅の玄関で告げた。「点取って来るわ」。有言実行を超えるハットトリックだった。「(令和初は)記念になるという点ではうれしいけど、チームが勝った方がうれしい」と謙遜したが、大きな自信となったに違いない。

 山下の先制弾から勢いは止まらず、山本航もハットトリックを記録するなど、終わってみればシュート26本、8-0の大勝だった。山本航は「相手に応じて変化して攻撃できるのが今年のチームの強み。いろんな形で攻撃のバリエーションを出せた」と手ごたえを口にした。開幕戦で同じチームの2人がハットトリックを決めたのは、大会史上初だ。

 これ以上ないスタートにも、気のゆるみはない。「大勝した後は勘違いしがち。自分たちはまだ1試合勝っただけ。一つ一つ準備したい」と山下。狙うは4年前の準優勝を超える日本一のみ。チームスローガン「美しく勝て」を最後まで体現するつもりだ。

(THE ANSWER編集部・宮内 宏哉 / Hiroya Miyauchi)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集