[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 宇野昌磨「僕が笑顔になったら、すっごくキツいってこと」 ロンバル杯V一問一答

宇野昌磨「僕が笑顔になったら、すっごくキツいってこと」 ロンバル杯V一問一答

フィギュアスケートのロンバルディア杯(イタリア・ベルガモ)は16日、男子ショートプログラム(SP)1位の宇野昌磨(トヨタ自動車)がフリーで214.97点を記録し、自己ベストの合計319.84点で2連覇を果たした。4回転サルコーを成功させるなど、羽生結弦に続く世界歴代2位の高得点をマーク。試合後は「なんかよくわかんないけど、跳べるって感じ」と“昌磨節”で振り返り、最後のジャンプの後に笑みをこぼした“ある理由”も明かした。


宇野昌磨【写真:giacomello foto】

世界歴代2位の高得点で優勝、4回転サルコーは「試合でやる日が来るとは…」

 フィギュアスケートのロンバルディア杯(イタリア・ベルガモ)は16日、男子ショートプログラム(SP)1位の宇野昌磨(トヨタ自動車)がフリーで214.97点を記録し、自己ベストの合計319.84点で2連覇を果たした。4回転サルコーを成功させるなど、羽生結弦に続く世界歴代2位の高得点をマーク。試合後は「なんかよくわかんないけど、跳べるって感じ」と“昌磨節”で振り返り、最後のジャンプの後に笑みをこぼした“ある理由”も明かした。

 フリー後の一問一答は以下の通り。

――319.84点の点数をどう思うか。

「どうですかね。うーん、わかんないです。でも、去年の世界選手権も同じぐらいでしたね、確か。それぐらいで、今、サルコーを入れて、ループが1個失敗して、去年もトーループで失敗していて、やはりそこは完成度の違いかなと思っていました」

――イタリアでたくさんファンが盛り上がる中、すべて見てどう感じているか。

「なんでかよくわかんないけど、跳べるっていう感じ。まあ、ループの最初の失敗は、許容範囲かなと思いながら、2個目のサルコーも身構えることなく、普通にふっと跳んだら、普通に跳べたので。サルコーはあまり難しいジャンプではないはずなので、特別意識しなければ跳べるのかなと思いました」

――サルコーは昨シーズンに「僕はできないと思います」と明言していたジャンプ。大会で決めてみての手応えは。

「そうですね。僕もシカゴの合宿に行くまで、跳ぶつもりがなくて、合宿の最後の方で『サルコーもやりなさい』って言われて、ルッツに励んでいた。サルコーをやり始め、確率はルッツの方が良かったけど、やっていくうちに、サルコーの方が失敗しても他のジャンプに響かないなと。とりあえず曲に入れようということで、入れることになったけど、本当に試合でやる日が来るとは思わかなったし、試合で降りる日が来るとも思いませんでした」

――今後、グランプリと今シーズンが始まっていくが、今後の試合に向けて。

「そうですね。いつもシーズン最初が悪かったし、そういう自分のイメージだったけど、わりと良かった。今後は今回できなかったことを、また改めて分析してやっていきたいです」

1 2 3 4
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー