[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 本田真凜、衝撃Vデビューに全米女王も感銘「本当にエレガント」「すべてが華麗」

本田真凜、衝撃Vデビューに全米女王も感銘「本当にエレガント」「すべてが華麗」

フィギュアスケートのUSインターナショナルクラシック(米ソルトレイクシティ)は16日(日本時間17日)、女子SP首位の本田真凜(関大高)がフリーで131.52点をマークし、合計198.42点で優勝。衝撃のシニアVデビューを飾った16歳に後塵を拝し、3位だった18歳の全米女王カレン・チェン(米国)は「本当に美しく、エレガント。朝飯前のようだった」と脱帽している。米スケート専門メディア「icenetwork」が伝えた。

2歳上の18歳、現全米女王チェンが脱帽「本当にアメージング。まるで朝飯前のよう」

 フィギュアスケートのUSインターナショナルクラシック(米ソルトレイクシティ)は16日(日本時間17日)、女子SP首位の本田真凜(関大高)がフリーで131.52点をマークし、合計198.42点で優勝。衝撃のシニアVデビューを飾った16歳に後塵を拝し、3位だった18歳の全米女王カレン・チェン(米国)は「本当に美しく、エレガント。朝飯前のようだった」と脱帽している。米スケート専門メディア「icenetwork」が伝えた。

 わずか1か月前に16歳を迎えたばかりの本田が与えた衝撃は、2歳上の地元の全米女王も脱帽するしかなかった。

 本田はトリノ五輪金メダルの荒川静香さんが演じた「トゥーランドット」を舞い、冒頭の3回転ルッツを成功させると、大きなミスなく演技。空気が薄い標高1300メートルで体力で酸欠になりかけ、演技後はぐったりと倒れ込んだが、見事に優勝を果たした。

 この迫真の演技に対し、記事では「現アメリカ王者のカレン・チェンは、素晴らしいパフォーマンスを披露したホンダに大きな感銘を受けることになった」と紹介。さらに、本人が称賛したコメントを伝えている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー