[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 本田真凜、熱演Vにまた米絶賛「目を見張る輝かしい演技」「注目を重圧に感じない」

本田真凜、熱演Vにまた米絶賛「目を見張る輝かしい演技」「注目を重圧に感じない」

フィギュアスケートのUSインターナショナルクラシック(米ソルトレイクシティ)は16日(日本時間17日)、女子SP首位の本田真凜(関大高)がフリーで131.52点をマークし、合計198.42点で優勝。衝撃のシニアVデビューを飾った16歳について、米メディアは「目を見張る輝かしい演技」「過剰な注目を重圧に感じない」と絶賛している。

酸欠になりかけながら熱演、SPに続き米メディア再び最大級評価

 フィギュアスケートのUSインターナショナルクラシック(米ソルトレイクシティ)は16日(日本時間17日)、女子SP首位の本田真凜(関大高)がフリーで131.52点をマークし、合計198.42点で優勝。衝撃のシニアVデビューを飾った16歳について、米メディアは「目を見張る輝かしい演技」「過剰な注目を重圧に感じない」と絶賛している。

「マリン・ホンダ」の名前が一躍、世界に轟いた。本田はトリノ五輪金メダルの荒川静香さんが演じた「トゥーランドット」を舞い、冒頭の3回転ルッツを成功させると、大きなミスなく演技。空気が薄い標高1300メートルで酸欠になりかけ、演技後はぐったりと倒れ込んだが、見事に優勝をたぐり寄せた。

 16歳の熱演は世界の絶賛を呼んだ。米スケート専門メディア「icenetwork」は「ホンダ、ソルトレイクシティで金とともにシニアデビュー」と特集を組み、最大級の評価を与えている。

「ちょうど1か月前に16歳の誕生日を迎えたホンダは、彼女の年齢を錯覚させるトゥーランドットの曲で目を見張るような輝かしいパフォーマンスを披露した」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー