[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 松山、飛ばしすぎた 圧巻の355yに米驚嘆「しかし、問題が…。ここは327yしかない」

松山、飛ばしすぎた 圧巻の355yに米驚嘆「しかし、問題が…。ここは327yしかない」

米男子ゴルフのプレーオフ第3戦、BMW選手権(コンウェイ・ファームズGC)第3日は16日(日本時間17日)、松山英樹(レクサス)は1イーグル、4バーディー、5ボギーで「70」。出入りの激しいゴルフでスコアを1つ伸ばすにとどまり、49位としたが、327ヤードの18番パー4では355ヤードを飛ばしすぎる豪快ショットが炸裂。PGAツアーが公式ツイッターに動画付きで紹介し、米メディアも特集するなど、話題を呼んでいる。

プレーオフ第3戦、327yパー4で「圧巻で目覚ましいショット炸裂」が話題も…

 米男子ゴルフのプレーオフ第3戦、BMW選手権(コンウェイ・ファームズGC)第3日は16日(日本時間17日)、松山英樹(レクサス)は1イーグル、4バーディー、5ボギーで「70」。出入りの激しいゴルフでスコアを1つ伸ばすにとどまり、49位としたが、327ヤードの15番パー4では355ヤードを飛ばしすぎる豪快ショットが炸裂。PGAツアーが公式ツイッターに動画付きで紹介し、米メディアも特集するなど、話題を呼んでいる。

 秘めたるパワーが解き放たれた。15番パー4。1オンを狙えるホールで、松山はティーショットを豪快に振り抜いた。しかし、右に逸れた。ギャラリーをすり抜けるように通路で大きく弾んだボールは、そのままコースから大きく外れてしまった。痛恨のミスショットとなったが、注目を集めたのが、飛ばしすぎた飛距離だ。

 PGAツアーによれば、355ヤードだったという。公式ツイッターでは「327ヤードのホールで355ヤード飛ばす」と動画付きで紹介し、世界のファンに驚きが広がっていた。

 さらに、米スポーツ専門サイト「DEADSPIN」は「ヒデキ・マツヤマは舌打ちしたくなるグリーンなど気にしない」と特集し、圧倒的な飛距離について、こう評している。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
SportyLife スポーティーライフ - 食とスポーツをつなぐ情報誌
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー